芸能人の中には、好感度が高い人とそうでない人が存在します。
キャラクターや見た目も大きく関係しますが、“話し方”も好感度を左右する要因であるようです。
では、どのような芸能人の話し方が嫌われているのでしょうか。
そこで今回は、話し方が気に入らない男性芸能人について探ってみました。

話し方が気に入らない男性芸能人ランキング
1位 みのもんた
2位 テリー伊藤
3位 宮根誠司
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「みのもんた」が選ばれました。お茶の間の相談役として人気を集めていたはずのみのもんた。
いつのころからか、「テレビで見るとチャンネルを変えたくなる芸能人」などのランキングのトップ常連に…。その理由のひとつは話し方にあるようです。

「わざとらしく共感するような話し方がイラッとする」「常に説教じみた話し方をしているのが苦手」「変な間を作るのが気になる」などの意見が多く、1位に。
話し方の個性が強いと、評価が賛否両論くっきりと分かれてしまうのかもしれませんね。

2位には「テリー伊藤」。ご意見番として、コメンテーターとして、情報番組やバラエティ番組で活躍するテリー伊藤。
そのハッキリとした物言いは見ていて気持ちいいと評判ですが、話し方にイラッとする人も多いようです。

「上から物を言うような話し方が嫌い」「討論になるとまくしたてるように話して、他のゲストを言い負かそうとするところが苦手」など、アクの強さを指摘する声が多数という結果に。

3位は「宮根誠司」がランク・イン。名司会者の一人として知られている宮根誠司。
長年関西を中心に活動し、ここ数年は関東の情報番組やバラエティ番組にも出演するように。
自分の意見をハッキリ言うところが魅力でもありますが、「自分がいつも正しいと思っている」「話し方が単純にウザイ」という意見が多く、3位に選ばれました。

このように、話し方が苦手だと思われている男性芸能人は少なくありません。
気になる4位~49位のランキング結果も要チェック!

みなさんは、どの男性芸能人の話し方にイラッとしますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年6月28日~2016年7月1日