上挙母はなんと読む?」「…じょうけんぼ?」「"うわごろも"でしたー!」

駅員の方に難読駅への行き方を聞いて、笑われたりドヤ顔された事はありますか?筆者はあります
地元の人でも知らなかったり間違っていたりする難読駅、せめて駅構内の掲示物にあるすべての駅名くらいフリガナ振って分かるようにして欲しいと切に願っております。

今回はそんな難読駅の「中部地方で読めないと思うヤツ」を調査・ランキングにしてみました。
さいたま市じゃないですが、難読駅はひらがなにしちゃっても良いんじゃないですかね…?

1位 大嵐(おおぞれ)
1位 顔戸(ごうど)
3位 轟(どめき)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位はJR東海飯田線の「大嵐(おおぞれ)」!


はい、どう見ても「おおあらし」な駅、「大嵐(おおぞれ)駅」が堂々の1位を獲得いたしました。
難読駅として有名なようで、難読駅名のクイズなんかにも度々登場しております。

場所は静岡県浜松市天竜区にあり、愛知県と長野県との県境付近に位置し、駅前にある鷹巣橋を渡るともう愛知県。
「大嵐」を「おおぞれ」と読む理由のはっきりした文献は見当たらず、専門家の意見では「ソレ・ソリの付く地名は焼畑にちなむ地名」とされ焼畑由来の音であるのはわかりましたが、なぜこの字面でこう読むのかは謎に包まれています

同率1位は名古屋鉄道広見線の「顔戸(ごうど)」!


まず間違いなく読めない駅名が「大嵐(おおぞれ)」と同率で1位に輝きましたが、なんで「顔」を「ごう」と読むのかは全く情報がありませんでした。
岐阜県可児郡御嵩町に位置し、2両分の長さの片面ホーム1面1線に、ベンチ部分に屋根があるのみの簡素な無人駅となっています。

3位はえちぜん鉄道勝山永平寺線の「轟(どめき)」!


誰がどう見たって「とどろき」駅なんですが、正しい読み「どめき」駅で、この読みにこの字を当てた人間を小一時間問い詰めたい気持ちになりました。
福井県吉田郡永平寺町に位置し、1914年(大正3年)に開業した100年以上の歴史がある無人駅となっています。

いかがでしたか?
どれもこれも字面から想像もできない発音が多く、正直これらをクイズとして出題され不正解し出題者にドヤ顔された場合は、躊躇なくそのドヤ顔にワンパン入れるくらいムカつくんだろうなと思いました。

今回は「中部地方の難読駅ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜46位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆・イラスト:Hikaru Sano)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年1月29日~2016年2月1日