カリフォルニア州の中でも、抜群の天候と、自然豊かな環境に恵まれたサンディエゴ。雑誌で「全米で唯一パーフェクトな天候を持つ街」や「住みたい街ナンバー1」に選ばれたこともあるほど人気の街です。

そんなサンディエゴに住む人は、プライベートを充実させ、人生を楽しむのが上手。朝サーフィンをしたり、ビーチでヨガをしてから仕事へ、という夢のような生活スタイルも、ここでは日常です。

自転車のオブジェや、おしゃれな自転車置き場があるのも、車社会でありながら街を自転車で移動するヘルシーな人が多い証拠。サンディエゴは道路に自転車専用レーンが整備されているところもあり、ハイスピードなロードバイクも安全に走行できます。


レインボーの自転車が並ぶ駐輪スペース。これに自転車を立てかけます。

「少しでも多く歩きたい」と思わせるハイキングコース

そんなサンディエゴのなかでも、海沿いの地域トーリーパインズにある小高い丘の上にあるハイキングコースは地元の人に大人気。実はここ、頂上に駐車場があるので、そこまで車で行ってから歩くこともできます。それなのに、ほとんどの人が下から歩いて登ったり、走ったりして坂道を上がっていくのです。「アメリカ人はめんどくさがり」と聞いていたのに、これは驚き! 下から登った人は、さらに頂上から、ハイキングコースを歩きます。

コースは、20、60、90分などいくつか種類が。私は、一番短いコースを選択。それでも、ゴールとなる展望スペースに到着した時には少し汗ばむほどでした。そこでは、キレイな女性が涼しい顔でエクササイズしている姿を発見! 


頂上で筋トレする健康的な女性。こんな生活してみたい!

「楽しんでいたら、運動になっていた」が理想的なかたち

「こんな絶景の中で運動なんて贅沢」と彼女を憧れの眼差しで見ていると、眺望の先の小高い岩に登っている人々を発見しました。
なんと彼らは、一番長いコースを選んだ人々だそう。海にせり出すようにある岩の頂上からは、もっとすばらしい景色が見えるはず。「私も!」とトライしたくなりましたが、時間と体力の都合で今回は断念。後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。


一番長いコースを選ぶと、大きな岩の上まで行くことが可能。頑張った分だけ、絶景が見られるという仕組み。

「あそこにいったらもっと絶景が!」と、欲望をかき立てられるコースは、体を動かすことを楽しむにはぴったりの仕組み。「楽しんでいたら、運動になっていた」なんて、とても理想的なかたちです。

ここまでベストな環境はなかなかないものの、日頃から「食べる、買う、飲む」以外の楽しんで動けることを見つけることが、ヘルシーな生活の第一歩だと感じました。

取材協力:カリフォルニア観光局
サンディエゴ観光局


(小山陽子 LA在住 健康&美容エディター)

【関連記事】
  • サンディエゴで見た「欲望と運動のすてきな関係」
  • 聴診器でいったい何がわかるの?
  • 腸内フローラを育てて腸美人に
  • 女性こそ、もっととりたい「プロテイン」
  • やせている人は糖尿病にならないの?