最近は有名人の活躍の幅が広がり、作曲や作詞に挑戦する人も珍しくありません。校歌や愛唱歌を作成したことがあるという人も存在します。
歌手として活動している人が作詞・作曲を手掛けることは不思議なことではありませんが、中には全く違うジャンルで活動していた人が校歌の作詞・作曲をした経験があるなんてことも。
そこで今回は、校歌や愛唱歌を作成したことがあると聞いて驚く有名人について探ってみました。

実は「校歌」「愛唱歌」を作ったことがある意外な有名人ランキング
1位 山口智充
2位 大黒摩季
3位 つんく♂
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「山口智充」が選ばれました。お笑い芸人として活躍する山口智充。本職のお笑いはもちろん、テレビ番組のMCやテレビドラマへの出演など、活躍の幅をどんどん広げています。

また、イラストや書道の腕前もかなり高く、マルチな才能を発揮。歌が上手いことでも有名で、過去には雨上がり決死隊の宮迫博之とともにバラエティ番組のコントで結成したデュオ“くず”でCDデビューも果たしています。
そんな山口智充は四條畷市立くすのき小学校の校歌を作詞・作曲しています。軽快なメロディーで、歌いやすいと評判のようです。

2位には「大黒摩季」。一世を風靡した歌姫の大黒摩季。『夏が来る』『ら・ら・ら』『熱くなれ』など、力強い歌詞が魅力的で、多くのファンを虜にしてきました。
彼女の楽曲は、曲調こそ力強いものの、未来へ向けた明るい歌詞が多いのが特徴。

そんな彼女の曲は校歌にもピッタリということで、『希望の丘』というタイトルで北海道長沼町立長沼中学校の校歌を作詞・作曲しています。

3位は「つんく♂」がランク・イン。シャ乱Qのボーカルとして、そしてハロープロジェクトでは数々の人気アイドルグループをプロデュースしてきたつんく♂。
そんな彼は大阪府立かわち野高等学校の校歌を作曲しています。

今まで作曲してきた曲はエッジが利いた曲が多いだけに、どのような校歌なのか聞いてみたいという声が多く、3位に選ばれました。

このように、過去に校歌や愛唱歌を作成したことがあり有名人は意外と多いことが分かりました。
気になる4位以降のランキング結果も要チェック!

みなさんは、どの有名人が校歌を作成したことがあると聞いて驚きましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年6月1日~2016年6月3日