「とあるテレビ番組を見ようとすると、親にダメ!って止められたことがあったなぁ」

こんな経験をした人、きっと多いはず。
理由は過激だったり下品だったりとさまざまですが、そんな見るのを禁止されていた懐かしいテレビ番組を調査。
どんな番組がランク・インしているか早速確認して!

過激すぎて親に禁止されてた、懐かしのTV番組ランキング
1位 失楽園(124票)
2位 毎度お騒がせします(102票)
3位 ギルガメッシュナイト(79票)
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は1997年に放送されたTVドラマ『失楽園』が選ばれました。
「不倫」を題材にしたドラマで、当時は平均視聴率20%を超える大ヒットを記録。不倫することを「失楽園する」と言うようになるなど、ちょっとしたブームを巻き起こしました。

そのヒットの裏には、今のテレビドラマでは考えられない「過激な濡れ場」があるんです。いわゆる性的なシーンが多数あり、中には濡れ場で始まり濡れ場で終わるという強烈な回も。
当時の親からすれば子供には見せられない!とドラマが始まるとテレビの電源を切り、「もう寝なさい」というのが決まり文句だった家庭もありました。当然再放送は一切されておらず、DVD化もここ数年という問題作です。

2位は『毎度おさわがせします』がランク・イン。
1985年から放送されたTVドラマで、思春期の男子中高生3人組が繰り広げるちょっとエッチでコミカルなドラマ。
ゴールデンタイムのドラマに関わらず、下ネタや卑猥な言葉が飛び交うドラマとあって、あっという間に中高生の間で話題となりました。

ストレートに「セックス」や「射精」などの性的な言葉が出ることから、「中学生が主人公のドラマとしては内容が過激すぎる」と批判の声が上がるように。
再放送ではセミヌードシーンなど、一部がカットされるなどそれなりの配慮はあるものの、現在はDVDでしか見ることができない作品です。

3位は深夜の長寿番組となった『ギルガメッシュないと』に。
基本的にはバラエティ番組ですが、裸エプロンで登場して大騒ぎするキャストやTバック姿でニュースを読む飯島愛。さらには「乳リンピック」や「ランジェリー歌謡祭」と卑猥なコーナーばかり。

放送当初から「過激過ぎるのでは?」という声が上がっており、その後各所の批判を受け、徐々に過激なコーナーはなくなっていきました。
当時、親に隠れて見ていた若者は今や30~40代。「ギルガメ見てた?」「親に隠れて見てたわ」と盛り上がることもあるようです。

親の目を盗んで観ていたアナタも、どうしても見ることができなかったアナタも。
他にも懐かしの番組がたくさん。4位以降のランキングでチェックしてください。

(ライター:いしきりひなほ)

  
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年6月1日~2016年6月3日