たくさんの夢や希望を持って、これから上京しようとしている人は多いと思います。
「さて、どこに住もうかな」となった時にまず気になるのが「治安」。やはり安全なところに住みたいですよね。
すでに23区に住んでいる人も、これから家探しを始める人も。
みんなが気になる「治安が悪い」東京23区はどこが選ばれたでしょうか。

「治安が悪い」と聞いて真っ先に思い浮かぶ東京23区ランキング
1位 足立区(1,174票)
2位 新宿区(991票)
3位 渋谷区(465票)
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は不名誉ながらも治安が悪いイメージナンバーワンに選ばれてしまった「足立区」が1,174票でトップに。
「舎人公園」(とねりこうえん)をはじめ緑豊かなスポットが多数。また美術館・博物館や大学のキャンパスも多く開校し、「文化・産業・芸術」に力を入れている足立区。

なぜ治安が悪いと言われているのか?それは東京都内で犯罪発生率ナンバーワンを記録していた時期があったため。
現在は警察官の巡回のおかげか、ひったくりをはじめとした犯罪数は減っており、舎人ライナーの開通で便利になったことや物価や家賃が安いことから、ファミリー層に人気のある地域となっています。

2位は、1位に迫る991票で、東京都庁が存在する「新宿区」がランク・イン。
主要駅である新宿駅は、一日の乗降者人員がなんと世界ナンバーワン!ビジネス街とショッピングなどの観光の街という二面性を持つ区です。

治安の悪さと言えば、人が入り乱れる「歌舞伎町」の存在が大きいのではないでしょうか。 日本人だけでなく外国人も多く、新宿区の犯罪発生数は歌舞伎町がほとんど。そのため警察の見回りなども頻繁に行われている模様。
しかし、歌舞伎町以外はさほど治安が悪いわけではなく、最近では高層マンションが建てられるなど人口も徐々に増えています。

3位は若者の街「渋谷区」が選ばれました。
渋谷と言えばまず「センター街」を連想する人が多いと思いますが、オシャレスポットの「代官山」や竹下通りで有名な「原宿」も渋谷区。
観光地と高級住宅街が入り混じっているのが特長です。

若い人が渋谷で夜遊びをすることが多いため、ハメを外しての犯罪が多く見られます。また、センター街はゴミのポイ捨てが多く「モラルのない人が多い」と感じる人も。
一方高級住宅街である地域は静かで犯罪発生率は低いようです。

誰もが治安が良い所に住みたくなったり、遊びに行きたくなるもの。
あなたが気になっている区のイメージはどういう結果でしょうか。4位~23位のランキングで確認してみましょう。

最近では、どの区も治安が良くなるように様々な取り組みを行っています。全ての地域が安全に暮らせる場所になると良いですね。

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,004票
調査期間:2016年05月22日~2016年06月05日