浄土ヶ浜や龍泉洞などの景勝地がある岩手県は、伝統工芸が盛んな県としても知られています。地元の職人が丹精こめて作った工芸品は、おみやげにも最適な品ですよね。そこで今回は、岩手県ならではの良質なお土産(伝統工芸品)について、みなさんにアンケートをとってみました。

■もらうと嬉しい「岩手県のおいしいお土産」ランキング
1位:南部桐まくら
2位:南部系こけし
3位:久慈琥珀
4位:岩泉純木家具
5位:南部木杓子

6位以降を見る

 1位に選ばれたのは、《南部桐まくら》。南部桐まくらは、岩手の名産物である南部桐をマシュマロのような形のチップ状にし、カバーに詰めた物です。蒸れにくく使いやすいというメリットの他、マッサージ効果もあるまくらとして人気を集めています。肩こりや頭痛にお悩みの方に贈ると喜ばれそうです。3位には岩手県久慈市の名産品《久慈琥珀》がランク・イン。ネックレスやボールペン、時計、万年筆など、琥珀があしらわれたさまざまなお土産が販売されています。相手のライフスタイルや予算にあわせて品物を選べる点もうれしいポイントです。その他、8位《チャグチャグ馬子》のように、地元の伝統的なお祭りにちなんだアイテムもランク・インしています。「チャグチャグ」とは、お祭りに登場する馬がつけている鈴の音を表しているのだとか。一体どんな音なのか、実際に聞いてみたくなるネーミングです。
 岩手県に出かける時は、今回ランク・インした伝統工芸品をおみやげの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年3月26日~2014年3月28日
有効回答者数:1,088名