アニメやマンガには魅力的なキャラクターだけでなく「犬」も数多く登場します。
主人公のペットだったり、はたまた犬が主役のアニメだったりとその登場のしかたも多種多様。
あなたはどんな犬が印象に残っていますか?

好きな犬が出てくるマンガ・アニメランキング
1位 フランダースの犬
2位 クレヨンしんちゃん
3位 動物のお医者さん
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は1975年に放映された『フランダースの犬』がランク・イン。
画家を目指す少年ネロと老犬パトラッシュの物語は『なつかしアニメ特集』などで必ず放送されるためか、リアルタイムで観たことがない人でも知っているという人が圧倒的に多い作品。
大きな老犬「パトラッシュ」はネロの言うことが理解できる大変頭が良い犬。牛乳を運ぶ仕事を手伝ったりと、自分を助けてくれたネロに献身的に尽くす姿はアニメを観た全ての人を虜にしました。

最終回ではネロ・パトラッシュ共に悲しい最期となりましたが、ネロに寄り添うパトラッシュの姿がずっと心に残る作品です。

2位は国民的人気アニメ『クレヨンしんちゃん』となりました。
野原家で飼われている犬の「シロ」は見た目も可愛く、グッズ化されたりなど人気が高いキャラクター。
犬種は「雑種」ということになっていますが、しんちゃんからは「わたあめ犬」と言われるなど真っ白でふわふわ。

性格は野原家の中でもかなりのしっかり者で、自分ひとりで散歩に行くのはもちろん、しんちゃんの妹ひまわりの面倒を見ることも。
そして劇場版アニメ『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』ではなんと主役に抜擢!その人気はとどまることを知りません。

3位は人気少女漫画から『動物のお医者さん』に。
主人公のハムテルは大学の獣医学部の生徒。学校や家庭を舞台に人間と様々な動物たちが繰り広げるドタバタコメディ漫画で、少女マンガではありますが男性にも人気が高く、コミックスはなんと2,000万部も売れたそうです。

登場するシベリアンハスキーの「チョビ」は見た目は般若のような怖い顔。でも見た目に反して温厚でちょっとドンくさい性格。
その愛らしさから漫画連載当時やテレビドラマ放映中にはシベリアンハスキーを飼うことが大ブームとなり、街のあちこちでハスキーが散歩している姿を見かけました。

ランキングでは「主人公の良き相棒」としての登場が多く見られましたが、犬が出てくるアニメやマンガは他にもたくさん。
4位~27位のランキングをチェックしてくださいね。

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,458票
調査期間:2015年09月27日~2015年10月11日