アイドルの枠を超え、今では役者としての評判が高いV6の岡田准一
多数の映画に出演してきた彼の作品の中で「これぞハマり役!」を調査してきました。

V6・岡田准一の映画のハマり役ランキング
1位 堂上篤役「図書館戦争」シリーズ(395票)
2位 ぶっさん(田渕公平)役「木更津キャッツアイ」(392票)
3位 宮部久蔵役「永遠の0」(378票)
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は有川浩の著書『図書館戦争』の映画化で岡田が主役を演じた「堂上篤役」が1位に!
ヒロインである郁(演:榮倉奈々)の上司であり、責任感が強い役柄です。

原作の設定に忠実に再現した演技はもちろん、アクション俳優としても評価が高い彼の才能を見ることができる場面も多々ありながら、恋愛要素もあった場面もうまく演じられていてキュンとした人も。
本人のイケメンっぷりも相まって、ファンでなくとも最初から最後まで「ハマっててカッコイイ~!」と思った方が多かったようです。

2位は1位とわずか2票差!『木更津キャッツアイ』の「ぶっさん役」です。
本人とっては出世作となった作品でもあり、テレビドラマ終了後も二度映画化された人気作品。

「岡田准一」と言えばカッコよくてシリアスな雰囲気の作品が多いと感じますが、こちらは一風変わってコメディ色が強い演技。
個性的な役だったにも関わらず演技の評判が良いのは、いまだに作品に対する根強いファンがいることが証明している通りですね。

3位はこちらも僅差でのランク・インとなった『永遠の0』から「宮部久蔵役」が選ばれました!
なんと!監督が彼の演技に対する姿勢を評価しての配役となったそうです。そして本人も役のために坊主にしたり自衛隊の訓練に参加するなど、とにかく時間をかけて役作りに励んだそう。

その甲斐あってなんとこの役で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞!
映画を見た人からも「演技がすごすぎた!」「涙が止まらなかった」など絶賛の声が上がっています。

もはや「ジャニーズタレント 岡田准一」ではなく「俳優 岡田准一」としての認知度が高くなっているその演技力。
これからも数多くの映画で見事な演技を見せてくれることでしょう。

4位以降のランキングで他の作品のハマり役もチェックしてくださいね!

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,709票
調査期間:2016年03月26日~2016年04月09日