更年期障害は、まず生理不順や月経量が変わる「生理の変化」から始まりますが、肩こり、腰痛、頭痛、かゆみといったおなじみの体の症状も、実は更年期障害である場合があります。

「生理の変化とともに症状が複数出たら、婦人科や更年期外来を受診しましょう。その後、症状に対応した病院に行く方が、原因がわからずいろいろな病院を回る苦労を避けられます」と教えてくれたのは、いけした女性クリニック銀座院長の池下育子先生です。
更年期障害として出やすい体の症状をご紹介します。

更年期に起こる体の症状

●頭痛がする、頭が重い
もともと女性によく見られ、月経前に頭痛に悩まされる人も多いはず。今までと比べて回数が増えたり強くなるのが更年期障害の目安ですが、更年期とそれ以外の病気の見分けは難しい症状。若い時から偏頭痛だった人は、閉経後なくなることが多いようです。

更年期障害以外にも、高血圧や眼精疲労、中耳炎など原因となる病気は多いですが、中には脳腫瘍など命に関わるものもあります。痛みが強かったり、長く続くなら脳神経外科へ。

●腰痛、背中の痛みがある
閉経期になると、骨粗しょう症が進み、弱くなった背骨を支えるため腰に負担がかかり、腰痛になることがあります。ただし、生理の量が増えたり、生理痛がひどい場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの可能性も。こちらも婦人科で診断を受けましょう。

背中の痛みは、心臓や腎臓の病気、胃がんも考えられるので、ひどい場合は内科へ。姿勢や動作で痛みが変わる場合は、整形外科を受診して。

●手足がしびれる、皮膚がかゆい
日焼けの後のようにピリピリしたり、皮膚のかゆみ、アリがはっているような不快感も更年期の特徴です。女性ホルモンの減少で皮膚の感覚が変わったり、乾燥して刺激を受けやすくなっているのが原因で起こります。

骨の変形で神経が圧迫されしびれが出たり、関節リウマチでは指先に感覚異常が出ることもあります。しびれや指先の感覚異常がある場合は整形外科を受診しましょう。

●肩、首のこりがひどい
肩や首のこりは、ない人がいないというほど女性に多い症状。ただ、更年期障害の肩こりは、マッサージや整体では効果がない、と言う人が多いようです。更年期の症状として肩こりだけが突出して出ることはないので、他の症状とあわせて判断することが必要です。

眼精疲労や老眼が原因の場合は、眼科の受診で解決することもあります。関節痛や頚椎の病気の場合もあるので、ひどい痛みが続くなら整形外科へ。

●ひざが痛い、手足がこわばる
ひざなど関節の痛みや、手足のこわばりといえば、関節リウマチや関節炎が知られていますが、更年期でも出る症状です。寒い時期に悩まされるケースがお多いよう。他の更年期症状も見られる場合は、まず婦人科や更年期外来を受診しましょう。

関節リウマチは免疫の病気で、血液検査などで原因が特定できます。変形性関節炎は、関節の軟骨がすり減る“骨の老化”。いずれも整形外科を受診して。

【関連記事】
  • 更年期障害と薬「更年期障害に効く漢方薬」
  • 更年期障害の症状「なぜ起こる?」
  • 更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
  • 更年期障害の症状「更年期特有のシグナル」
  • 更年期障害とはなにか?「女性ホルモン減少の仕組み」