つらいものというイメージが強い更年期。でも更年期障害の症状は個人差が大きいもの。正しい知識を身につけて、体の変化をスムーズに受け入れていきましょう。

更年期イコール更年期障害ではない

「更年期に不安を抱える人が多いですが、更年期は病気ではなく、女性なら誰しもが起こる体の変化。婦人科を受診するなどしながら、乗り切ることができますよ」と言うのは、インターナショナル・メディカル・クロッシング・オフィス院長の堂園凉子先生です。

「また、よくある間違いが、『更年期』と『更年期障害』を一緒にすること。更年期は誰にでもきますが、更年期障害は更年期に伴う不調で、人によります。ただ、女性の何割ぐらいが更年期障害になるかはわかっていません」

閉経の平均的な年齢は50歳。この更年期を迎える世代は、体の不調も増えるとき。この症状が更年期障害かどうか、見分けるポイントはあるのでしょうか?
「基本的には、月経周期や経血量の変化などがまずあり、同時に下記のような更年期障害の症状が表れます。ただ、見分けるのは難しいので、変調を感じたら、まず婦人科へ行きましょう。更年期かどうかは、ホルモン値を調べればすぐわかります。まだ更年期ではないとわかったり、他の病気が原因と診断されたら、他の専門医を紹介することになります」

<更年期障害の症状>
●生殖器系の症状
月経不順や無月経、外陰部や膣が狭くなったり乾燥する、性交障害、乳房が小さくなる

●血管の機能不調による症状
ホットフラッシュ、のぼせ、ほてり、多汗、冷え

●代謝異常による症状
肌が乾燥してシワが増える、シミなどの色素沈着、薄毛、顔のうぶ毛や体毛が濃くなる

●自律神経の不調による症状
憂うつ感、イライラ、不安、めまい、吐き気、不眠、手足のしびれ、肩こり、腰痛、むくみ、頻尿、息切れ、動悸

更年期障害の症状は人によってさまざま

また、友達のアドバイスをうのみにするのは危険と、堂園先生は言います。
「更年期の出方は人により違いますし、どんな治療が効くかも人により違います」

更年期障害が出る人と出ない人、また、症状が重い人と軽い人の違いはどこにあるのでしょうか。
「卵巣の機能は人それぞれで、個人差としか言いようがありません。ストレスが強いとか、偏った食生活や睡眠不足などが原因になるかもしれませんが、今のところ関係ははっきりとわかっていません」

【関連記事】
  • 更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
  • 更年期障害の症状「こりや痛み、かゆみも更年期の可能性が」
  • 更年期障害の症状「更年期特有のシグナル」
  • 更年期障害とはなにか?「女性ホルモン減少の仕組み」