もうすぐゴールデンウィークが始まりますが、皆さんは旅に出かけるご予定はありますか?最近「どんな韓国コスメがおススメですか?」とよく聞かれますので、今回は韓国コスメを買う際に知っておきたい基礎知識や韓国ならではの韓方コスメをご紹介したいと思います。

「ローション」が乳液?化粧水はトナー

「美容大国」といわれる韓国は、コスメの数も数千種以上!とにかく種類が多く、ブランドも多種多様です。さらに新製品も次々と発売されるため、商品の回転が速いのが特徴。その大量なコスメが町に氾濫する中、「コレがベスト」というのはなかなか言えないため、多くの外国人旅行者は、訳が分からずに偶然入った店でなんとなく「シートマスク」や「BBクリーム」を買って終わり、になってしまいがちです。

商品には、名称も内容も一般的にはハングルでしか書かれていません。韓方コスメ「雪花秀(ソルファス)」などは、商品名にハングル名(ユンジョエッセンス)と英語名(ファーストケアアクティベイティングセラム)の2つが表記されていますが、これは、アメリカやアジアなど、世界市場で人気が高まっているためです。

また、化粧水や乳液などの呼称が日本とは違うものがあり、これがブランドによってもマチマチなため、私も初めて韓国へ行ったときには戸惑いました。

例えば、化粧水は「トナー(トナ)」か「スキン」。乳液は「ローション」か「エマルジョン(エモルジョン)」。美容液は「エッセンス」か「セラム(セロム)」、小分けタイプ美容液は「アンプル(エムプル)」、メイク落としは「クレンジング(クレンジン)」と呼びます。


ソルファスのユンジョエッセンス(左)、トンインビの紅参パワーリペアクリーム(右)

韓国でこそ買いたい「韓方コスメ」

韓国ならではのコスメとしてやはり知っておきたいのは「韓方コスメ」の存在です。韓方医学(韓国の漢方)でも使われる韓方成分を使っており、韓国内では40代以上の女性が使っている高級コスメというイメージがあります。ブランドによってそのコンセプトはまちまちですので、一部をご紹介します。次回の韓国旅行の参考にしてくださいね。

・雪花秀(ソルファス)
韓国最大の化粧品会社「アモーレパシフィック」の高級ライン。紅参と緑茶が主成分。韓国の40代以上の世代に人気が高いが、最近はアジア、アメリカ市場でも韓方コスメとして圧倒的な人気を誇る。ブースタータイプの美容液「ユンジョエッセンス」がロングセラー。

・韓律(ハンユル)
アモーレパシフィックの韓方ブランド。2年前にパッケージや成分をリニューアルし、韓方を全面に出した展開から、伝統的な自然素材へとコンセプトをチェンジ。パッケージが変わり若い世代にも注目されるようになった。米の成分が配合されている「津液スキン」が代表商品。

・The History of Whoo(ドフー)
韓国の大手化粧品会社「LG生活健康」の高級韓方ブランド。王宮の秘薬をイメージさせる豪華なパッケージで、韓方の香りはわずか。肌再生成分を含む「秘帖再生エッセンス」がロングセラー。

・トンインビ
韓国を代表する韓国人参公社が開発した「正官庄」ブランドの高級韓方コスメ。6年根の高純度の紅参美容成分が濃縮されているため高麗人参の『香りが強い。他ブランドよりも後発だが、じわじわと知名度が上がってきているところ。「紅参パワーリペアクリーム」が人気商品。

・ハヌルホス
1人の主婦が病をきっかけに立ち上げた100%オーガニックな韓方コスメ。食べてもつけても害にならない化粧水「天然韓方化粧水」は、アルコールや化学防腐剤などの化学添加物を一切使っておらず、敏感肌の人や化粧品成分表示を気にする女性たちに人気。日本にも2015年に上陸。


ハンユルの津液スキン

(写真・文ともに木谷朋子)

【関連記事】
  • マドンナもハマってる?! ヘルシーオイル【ギー(Ghee)】の魅力
  • 韓国で見た『薬食同源』の世界~美肌に効く韓国料理
  • 【医師が回答!】「洗顔」って結局どのやり方が正解なんですか?
  • 【医師が回答!】セクシーな唇には、どうしたらなれますか?