「ゲームボーイで好きなゲームは?」「平安京エイリアンかな」「…マニアック過ぎる…」

今年の4月21日で発売から27年になった「初代ゲームボーイ」。
当時は色んな所に持って行って、友達とワイワイしながら遊んだ人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「初代ゲームボーイ」の「当時死ぬほどハマった名作ゲーム」を調査・ランキングにしてみました。
あなたのハマってたゲームはランク・インしていますか?

1位 テトリス
2位 ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ
3位 スーパーマリオランド
4位以降のランキング結果を見る


1位は「テトリス」。元祖堕ち物パズルゲームが堂々の1位!
1984年に旧ソビエト連邦の科学者アレクセイ等3人が教育用ソフトウェアとして開発した作品だそうです。
実はテトリス、ゲームボーイソフト単体での史上売上1位を記録している人気ソフトで、このランキングも納得といった形でした。

「テトリス」はゲームが進むにつれて次第に「テトリミノ」というパスルパーツの落下速度が上昇する仕組みなのですが、最終的には肉眼で捉えられないスピードにも達します。
熟練者はこの落下速度に慣れ、瞬間的な判断・操作を数多くこなすようになり、次第に思考が自動化され「テトリス・ハイ」と呼ばれる中毒症状が発生するそうです…。


2位は「ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ」。初代ポケモンが2位を獲得!
発売時期的には完全に後発組なのですが、社会現象を起こすほどの爆発的人気を叩き出した名作RPGです。
ポケモンシリーズは2016年2月時点で、ニンテンドー3DSの最新作までの25作品で世界売り上げ2億100万本以上を記録し、RPGシリーズとしては世界一の販売本数なんだとか。
余談ですが有名な都市伝説で、「制作ミスでバタフリーとモルフォンの進化キャラが逆になっている」という話があり、実際に検証している方もいるので気になった方はネットで検索してみると面白いですよ。


3位は「スーパーマリオランド」。任天堂の代名詞が3位にランク・イン!
1989年に発売された横スクロールアクションの金字塔、販売本数はポケモンシリーズに次いでゲームボーイソフト史上売り上げNo.2!
発売当時の開発技術の問題か、ファミコン版であった「甲羅を蹴る」などの敵を利用したアクションあできなかったのですが、その代わりにコンテニューする機能が備わっていました。
スターを使った無敵状態のBGMもお馴染みのものとは違い、オッフェンバック作曲の『天国と地獄』なのもなかなかオツです。

いかがでしたか?
上位は未だにシリーズで人気な作品が多いですが、筆者は26位の「パロディウスだ!」なんかが大好きでした。
今回は懐かしの「初代ゲームボーイ」で死ぬほどハマったゲームランキングをご紹介させていただきました。気になる4位~48位もぜひご覧ください!

(執筆・イラスト:Hikaru Sano

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年4月5日~2016年4月7日