関西弁はリアルでもアニメ・マンガでも人気の高い言葉づかい。
なんだか明るい印象で、聞いている方も楽しくなっちゃいますよね。
今回はTVアニメで関西弁が印象的なアニメキャラクターを調査してみました。やっぱり元気なキャラクターが多いのでしょうか?

真っ先に思い浮ぶ「関西弁」のアニメキャラランキング
1位 服部平次「名探偵コナン」
2位 遠山和葉「名探偵コナン」
3位 ラン「うる星やつら」
4位以降のランキング結果はこちら!


1位はコナンのことを「工藤」と呼ぶ唯一の男。名探偵コナンより『服部平次』が首位に!
彼の大阪弁はネットでも話題になるほどで、特に「せやかて工藤」はよく聞くセリフとして有名ですよね。

高校生探偵としては新一のライバルであり、親友でもある彼。
幼なじみの和葉とはいかにも関西人!といった楽しいやり取りも。シリアスな部分も多いお話の中で元気よく笑わせてくれる存在です。

2位は1位に選ばれた服部平次の幼なじみで初恋の人でもある名探偵コナンより『遠山和葉』に。
大阪弁のきっついお姉さんといったキャラですが、小さい頃に平次と繋がれた手錠のかけらを大事に持っているなど一途なところも。

蘭には平次との関係を疑ってライバル心を燃やしていた彼女。現在は和解して蘭とはよき友達として接している模様。
コナンと蘭。そして平次と和葉の関係は「見ていてやきもきする~!」というところも似ていますよね。

3位はラムちゃんの親友。うる星やつらから『ラン』ちゃんがランク・イン!

普段は赤毛のロリータファッションで、いかにもぶりっこ!といった風貌の彼女ですが、怒った時だけ河内弁で「じゃかわしい!」と怒鳴ったりと見た目からは想像できない凶暴さを持つ、いわゆる『二重人格』キャラ。

凶暴な所が注目されることが多い彼女ですが、実は一途で尽くすタイプ。男性に人気が高いのもうなずけます。

関西弁は明るく元気という印象が強いですが、それだけでなく喜怒哀楽に富んだキャラがこんなにも!
そんなアニメキャラ達を4位以降のランキングでチェックしてください!

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年4月5日~2016年4月7日