巧みな話術で多くの人を笑わせるお笑い芸人の人気は日に日に高まる一方。トークはもちろん、最近はそのルックスや醸し出す雰囲気も人気を集めています。中でも今回は、セクシーだと思うお笑い芸人について探ってみました。

■男の色気を感じる「セクシーなお笑い芸人」ランキング
1位:徳井義実(チュートリアル)
2位:渡部建(アンジャッシュ)
3位:加藤浩次
4位:設楽統(バナナマン)
5位:ケンドーコバヤシ
6位以降を見る

 1位は《徳井義実(チュートリアル)》でした。毎年行われる“吉本男前ランキング”にて2003~2005年度1位を獲得し、殿堂入りを果たした《徳井義実(チュートリアル)》。端整な顔立ちに加え、バラエティ番組で度々匂わせる“夜の顔”に男のセクシーさを感じる女性が多いよう。2位は《渡部建(アンジャッシュ)》でした。最近ではグルメ、映画をはじめ、様々な分野に精通する《渡部建(アンジャッシュ)》。雰囲気満点の素敵なデートが連想できることから、多くの支持を集めたのかも。3位は《加藤浩次》、4位は《設楽統(バナナマン)》と、家庭を持つ大人な男性がランク・イン。家庭を持ちながらも男らしさと色っぽさが薄れない男性は人気があるよう。5位は《ケンドーコバヤシ》でした。《ケンドーコバヤシ》といえば、なんと言ってもその印象的な声。「声がセクシー」と、低く男らしい声に色気を感じる女性が多いようです。
 これらの結果から、20~30代前半ではなく、アラフォーのお笑い芸人が多くランク・インしていることが分かりました。どうやら多くの女性は“少し大人の男性”にセクシーさを感じる傾向にあるようですね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年10月15日~10月17日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)