こんにちはCHIEです。今回は久しぶりに占いコラムを!
「何運を占う内容にしようかなぁ…」と考えたのですが、やっぱりみなさんが気になるのって金運ですよね。

というわけで今回は私の得意な占星術で、「12星座別金運アップの方法」をご紹介します!


■ この記事の完全版(全画像付き)を見る

【おひつじ座】
竹を割ったようなさっぱりとした性格のおひつじ座は、今を濃く生きること、楽しむことに関心が高いため、お金の使い方も気前が良いです。「お金は回していくもの」と考え、収入を得ると水を得た魚のようにすごいスピードでパーッと使ってしまいます。金運アップの方法はムダを極力減らすことに尽きます。新しいもの好きのおひつじ座は新商品が出たり、まだ使えるものでもすぐに飽きて新しいものを買おうとしたりムダが多め。少々雑な性格ですが、ものを大切にすることが金運アップにつながります。



【おうし座】
超堅実で現実重視派のおうし座は「人生で一番大切なのはお金!」というくらい、金銭感覚がしっかりしていてムダのない性格です。お金のつかいどころ、抑えるところを熟知しています。そんなおうし座にとって注意すべきなのはお金の使い方よりもお金が無くなった時のストレス。学費などで貯金額がガタンと減ると、あわてて穴埋めに必死になったり、普段は滅多にないのに、ストレスの反動で計画にない出費をしてしまったりする傾向があります。お金の管理以上に、精神面の自己管理が重要です。



【ふたご座】
好奇心旺盛で流行に敏感なふたご座は、時代を先読みする能力があります。ピンときたものにいち早く取り組み、お金をドンと稼ぐでしょう。お金を貯めることよりも、お金を生むことに長けたタイプ。「貯金するお金があるなら人生をもっと楽しみたい!」という欲求があるので、主な出費は習い事や旅行費などの思い出づくり。金運アップのカギは、ワクワクする目標を持つこと。ふたご座は楽しいことのための努力ならいくらでもできます。「いくら溜まったらどんなことをしよう」とか、自分や家族が楽しむ目標を持つことが貯金へのモチベーションを沸き上がらせます。



【かに座】
安定志向のかに座は、許容範囲内でお金を使うやりくり上手。「お金はなんとかなるもの」という不思議な自信があり、かに座のこの純粋で潔い雰囲気は玉の輿運や棚ボタ運があり、なぜかお金に困らない運気を持っています。金運アップの方法は衝動買いをやめること。感性で買い物をするあなたは、時として欲望に負けることがあります。あとから「なんでこれ買っちゃったんだろう…」と後悔の多い星座第一位。物を購入する時はいったん持ち帰って、冷静に考えてからにしましょう。



【しし座】
王者の星を持っているしし座はチャレンジ精神旺盛。明確な目標やノルマを自分に課せながら生きており、それらを確実に達成できる強い根性が備わっています。しかしお金の使い方に関しては、正直言って成金体質。お金を使うことで自らのステータスの向上を目指します。そのため少々無理をしてでもブランド品を購入したり、散財の傾向も…。金運アップは見栄を張らないこと。負けず嫌いな為、他者と比較し始めるとどんどん高額商品に手を出す癖がついてしまいます。その時の身の丈に応じた生活に満足していくことが大切です。物以外で心を満たす努力をすること。そうすれば次第に大きなお金が集まってきます。



【おとめ座】
おとめ座は完璧主義でマメな性格。生活費をしっかり管理し、できるだけ質素に、買い物は念入りに考えてからします。おとめ座にとって貯蓄することは、もはや趣味。お金を貯めて高価な何かを買うというよりは、貯金通帳を眺めながらニヤニヤしていたいタイプ。そんなおとめ座の金運アップは“中の上”を目指してお金と付き合うこと。お金の計算が細かいのはおとめ座の知的な一面ですが、度を過ぎると人間としての器が小さくなり、モチベーションが上がりません。買い物もレストランで食事をする時も“中の上”を意識していくことで少しずつ生活の質がアップし、それに伴って必要なお金が手元に入ってきます。



【てんびん座】
幸運体質なてんびん座は、自然とお金が集まってくる星を持っています。しかし気を付けないと、そんなに使ったつもりがなくても自然とお金が無くなってしまう傾向があります。美意識が高くこだわりが強いてんびん座は自己投資や趣味嗜好品で、小さな出費が重なりがちです。てんびん座の金運アップのカギは流されないこと。これは買い物だけでなく、人間関係においても。人気者でお人好しなてんびん座は、つい社交経費がかかってしまうと傾向があります。もちろん、その見返りもある程度はありますが、しっかりと制御できるようにしましょう。



【さそり座】
真面目で頑張り屋のさそり座にとってお金は天から与えられるものではなく、努力の代償。お金への欲望を意欲に変えられる人です。しかしお金の出入りが激しく、金運に波があるのも特徴。人生の節目などで大金が出ていく時期は「こんなに頑張ったのに…」と嘆いて落ち込んでしまいます。さそり座にとって大切なのは備えです。単に貯蓄だけでなく、「この時期にはこのくらいの出費が出るだろう」と計画性をもって準備しましょう。“備えあれば憂いなし”。お金の増減が精神面に大きく影響する人だからこそ、覚悟して気を付けていれば大丈夫です。



【いて座】
向上心の強いいて座は、自分への投資を惜しみません。資格を取ったり、自分を磨いて、最終的に投資した以上のお金を回収するのです。自分の夢や子供たちのために懸命にお金を得ようという意識が強いいて座。「○○のためにお金を生み出さねば!」というスイッチさえ入れば、金運アップにつながる縁がいくつもできる運を持っています。ただ、目標に全エネルギーを注ごうとする性格だけに、投じた時間とエネルギーが収入につながらない時も。あなたのエネルギーが何に変換される場であるのか、時間と労力をかける場所選びを間違えないようにしましょう。



【やぎ座】
自由な性格のやぎ座は、しっかりする時とテキトーな時の差が激しいタイプ。まじめで堅実そうに見えて案外大雑把。計算や細かいことが苦手な性分もあり、お金の管理が少々ゆるいです。やぎ座にとって金運アップは自分が熱中できる事を仕事にしてお金を稼ぐこと。できれば苦手な管理は他の人にまかせ、自分はこれをやる!と、目的を一点に集中にさせたほうが良い結果が得られます。自分の興味が沸いた事にはとことん集中できるやぎ座。夢中でやっていたら結果が出て豊かになっていく人です。



【みずがめ座】
12星座の中で最も頭が良いと言われるみずがめ座は、優れた頭脳を使って巨万の富を得ることができる人です。しかし本人はお金を得ることや貯めることにそれほど執着がなく、気分に任せてお金を浪費するタイプ。お金に対する考えは“とりあえず現状キープ”。「困らなければそれで良い」的思考。金運アップのカギは多少の欲を持つこと。目標の年収を少し高めに設定したり、夢を持ってあきらめずに挑戦することが収入を上げます。



【うお座】
感受性豊かで人の言うことを素直に信じるうお座。美容やファッションにお金をつぎ込む傾向があり、自分を高めることに熱心です。もともとお金への執着も薄く、あればあるだけ使っちゃう性格。のめりこんで熱中すると周りが見えなくなってしまうところもあり、気づかぬうちに散財してしまいます。金運アップのカギはお金に対して危機感を持つことです。今自分がどれだけ使っているのか、この投資には意味があるのか、しっかりと把握しましょう。



12星座の気質に合わせてお金の使い方を書いてみましたが、いかがでしたか?
自分のことよりも他人の星座を見ると「あー当たってる!」って感じで面白いかも…。
自分の性格をよく理解して管理することがお金持ちになる第一歩ですよ!


(スピリチュアル女子大生CHIE)

※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)