見た目が怖そうなコワモテ俳優は多数存在します。不良映画やヤクザ映画だけでなく、どんなドラマや映画にも欠かせない存在です。そんなコワモテ俳優の中には、グッと睨み付ける顔つきは怖いけど、実際は優しそうな人も存在します。そこで今回は、コワモテだけど実際は優しそうな俳優について探ってみました。

■コワモテだけど実際は優しそうと思う俳優ランキング
1位 遠藤憲一
2位 竹内力
3位 的場浩司
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《遠藤憲一》が選ばれました。2位と300票以上の大差をつけ、見事1位に!
以前から名俳優として知られていましたが、最近は特に人気沸騰!映画にドラマに大活躍です。すごみのある面構えから、ヤクザや刑事役が多かった遠藤憲一。しかしバラエティ番組で見かける彼は、人あたりがよく、ユーモアあふれる優しい大人の男性

最近ではそのユーモアセンスからか、3枚目キャラを演じることも増えてきました。
テレビドラマ『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)や、映画『ギャラクシー街道』で演じた3枚目キャラは記憶に新しいところ。これからの活躍も楽しみですね。

2位には《竹内力》。Vシネマの帝王と呼ばれ、数々のヤクザ映画に出演してきた竹内力。『難波金融伝・ミナミの帝王』で演じた“萬田はん”のイメージが強いことから、コワモテ俳優の代表的な存在に。
しかし最近は演じる役の幅が広がり、昨年公開のラブコメディ映画『ヒロイン失格』ではアジのある学食のオヤジ役を熱演。クスッと笑ってしまうようなコワ面白いキャラクターが定着してきたことからも、「実は優しい」というイメージを持つ人が多いようです。
3位は《的場浩司》がランク・イン。デビュー当時こそ血気盛んなヤンキーキャラで知られていましたが、最近はスイーツ好き有名人のイメージが定着。スイーツ男子界の王様と呼ばれるほどです。
また、毎回ゲスト出演するテレビ番組『やりすぎ都市伝説』(テレビ東京系)では、毎回若手芸人との微笑ましいやりとりが見られ、「実は優しい兄貴分」という印象を持つ人が多く、3位にランク・イン。
このように、コワモテだけど実は優しそうな俳優は多数存在します。4位~23位もぜひチェックしてみてくださいね。

ツンデレならぬ、“コワ優しい”のギャップにキュンとする女性も多いのではないでしょうか。みなさんは、どのコワモテ俳優が気になりますか?

画像提供:fieldcasterjapan

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,450票
調査期間:2016年02月19日~2016年03月04日