突然転勤が決まったり、就職や進学などで引越しをする人も、引越しは慌ただしくなるものですよね。なるべく計画的にいきたいものですが、ついつい面倒な手続きはギリギリまでやらなかったばっかりに後で後悔することも。
引越し経験が多い人もそうでない人も、このランキングを見て引越しでうっかりしくじることのないように気をつけてみてくださいね!

■引越しで経験したあるあるランキング
1位 隣との壁が薄すぎた
2位 なくしたものがたくさん出てきた
3位 徒歩15分表記だったのに、実際は徒歩20分以上かかった
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『隣との壁が薄すぎた』が選ばれました。間取り図を見るだけじゃ分からないのが壁の薄さです。事前に部屋を見に行った時にはたまたま隣人がいなくて住んでから気づくハメに。
できるだけ見学をするときには隣人が生活していそうな休日の時間帯を選ぶとか、角部屋を選ぶなどしてリスクを回避できるものならしていくといいでしょう。

2位には『なくしたものがたくさん出てきた』。引越しのタイミングだからこそ一生懸命やるのがお片付けです。普段はなかなか重い腰が上がらない不用品を処分したり整理したり、それこそタイムリミットが決まっているから必死でやりますよね。
そうすると、なくしたと思い込んでいたものがぽっと出てきたり、持っていることすら忘れてたものを再発見したり、アルバムを見返してみたりして、なかなか片付けがはかどらなかったりするんですよね。

3位は『徒歩15分表記だったのに、実際は徒歩20分以上かかった』がランク・イン。これは実際に多くの人が経験しているのではないでしょうか?実際に駅から自宅までは信号の待ち時間などが入っていないので表記よりも時間が掛かることが多くなります。ですので自分で多めに時間を見積もるのが良さそうです。ちなみに、不動産広告に書かれている徒歩所要時間は分速80メートルとのこと。
引越し

その他、『荷物がドアから入らない』や、『物件を夜に見に行ったので、日当たりが悪いのに気づかなかった』など、分かるー!と言った回答や、完全にリサーチ不足による失敗など様々な回答がランク・インしていますので、ぜひ4位~17位もチェックしてみてくださいね!

また、シーズン真っ只中のときの引越し業者は高くなりがちなので要注意。不用品を自分で処分したり、荷物を減らせば引越し代の節約に!

調査方法:gooランキング編集部が「アイリサーチ」モニターに対して複数選択回答アンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2016年2月29日~2016年3月1日