2015年5月に発売以来、ナチュラルローソンのグリーンスムージーが大ヒット中です。グリーンスムージーが手軽にコンビニで買えることはもちろん、グリーンスムージーを飲みなれない人や、独特の風味やドロドロしているのが苦手という方にも好評で、ハマる人が続出とか。

インスタでも「最近ハマっている」「最近のプチブーム」「これ美味しすぎて1日何本でも飲める」「これ、飲みやすくておいしい!」「最近のブーム!このローソンのグリーンスムージー美味しくてローソン見つける度に買っちゃう。でもおいしいー」など、多くの方が投稿しています。

■ この記事の完全版(全画像付き)を見る

ナチュラルローソン(NATURAL LAWSON)のグリーンスムージーは2015年5月12日に発売。当初はナチュラルローソンのみの販売でしたが、現在は通常のローソンでも購入可能。発売後の累計販売数がシリーズ合計2,500万本(2016年2月15日時点)を突破する大ヒット!


そんな人気のグリーンスムージーにデカサイズが登場しました!

※画像・動画は元記事でご覧いただけます。

200グラムの倍の容量、400グラムサイズの紙パックが2016年3月1日から販売開始に。


大きいサイズの登場に、グリーンスムージー愛飲家からは歓喜の声が続々。

・「大好きなグリーンスムージーが大きくなってたぁ~~」
・「ナイス!!ナチュローのグリーンスムージー。先週からパックでてた。物足りなかったのでかなり満足」
・「こんなサイズで販売されてるなんて むねあつ」


200グラムが178円(税込み/店頭価格)、400グラムが298円(税込み/店頭価格)。小さいサイズ2本の価格から58円ほどお得な2倍サイズ。
ヘビロテ中とグリーンスムージーのまとめ買いをする人も。


グリーンスムージーはコップ1杯(200グラム)で1食分の野菜(118グラム)を使用。ケールや小松菜、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつ葉、さつまいも、にんじんの11種類の野菜と、キウイフルーツ、りんご、レモンの3種のフルーツが入っています。野菜・果実を摂れて、コップ1杯(200グラム)で80kcalというのも、カロリーが気になる方にはうれしいですね。


筆者も飲んでみたところ、コップに注ぐと見た目の青汁感に躊躇しましたが、飲んでみるとキウイやりんごの風味がして飲みやすく、サラサラしていて野菜ジュースのようです。日ごろの野菜不足の後ろめたさも一気に解消される気分です。


◆グリーンのほかに、流行りのチアシードやマキベリーが入ったスムージーも!


現在、スムージーシリーズは「グリーンスムージー」「マキベリー入り パープルスムージー」「チアシード入り 野菜と果実のスムージー」の3種類を展開。

チアシード入りのオレンジ色の「チアシード入り 野菜と果実のスムージー」は200グラムサイズのみ。「マキベリー入り パープルスムージー」は200グラムサイズに加えて、大きいサイズも発売されました。スムージーの色はかなり濃い紫です。ぶどうジュースやワインのようです。

※画像・動画は元記事でご覧いただけます。


◆さらなる大容量化の声も

200グラムの倍の400グラムの登場に、さらなる要望の声もあがっています。

なんと200グラムの5倍の容量の1リットルを希望するコメントも!


・「これほんと好き。1リットルもお願いします」
・「1Lは出ないのかなぁ~」


日々飲むような場合は、冷蔵庫に1リットルを常備しておきたくなりますね。



グリーンスムージー、体にいいのはわかっていても作るのはやや大変。最近野菜不足だなと思った時に、手軽にコンビニで買えるのは便利です。
野菜がちょっと苦手という方にも飲みやすい味わいに仕上がっているのもハマる要因かもしれません。


大ヒット中のナチュラルローソンのグリーンスムージー。紙パックのお得サイズも発売され、ますますリピーターが増えそうです。


(いまトピ編集部 鹿乃ハル)


※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)