「今週のジャンプ買った?」「オイ!俺が読む前に読むなよ!お前すぐネタバレすっからな…。」

今でも「マンガ雑誌」は購読していますか?毎週・毎月発刊されるマンガ雑誌を日々の楽しみにしていらっしゃる方も多いと思います。
そこで今回は人気のバロメーターである「名作」が特に多いと思われるマンガ雑誌を調査・ランキングにいたしました。
あなたのいつも買っている雑誌はランク・インしていますか?

1位 週刊少年ジャンプ
2位 別冊マーガレット
3位 花とゆめ
4位以降のランキング結果を見る


■1位は「週刊少年ジャンプ」
数多くの名作少年マンガを輩出した「ジャンプ」が堂々の1位! 現在でも「少年マンガ誌」で最多発刊数を誇っており、1995年のいわゆる「ジャンプ黄金期」には653万部の歴代最高記録に達し、ギネスブックに登録されました。
当時のジャンプは「どこから読んだらいいのかわからない…」と困るレベルで良作揃いでしたね。

スマートフォンアプリ「少年ジャンプ+」でも「週刊少年ジャンプ」を定期購読できるようになり、発売日である月曜のコンビニで売り切れに絶望することもなくなりました。

アプリだけで無料配信されている連載作品もあるので、まだダウンロードしていない方はぜひダウンロードしてみてくださいね!

《主なジャンプ名作漫画》

・ONE PIECE

・ドラゴンボール

・こちら葛飾区亀有公園前派出所

・NARUTO -ナルト-

・SLAM DUNK



■2位は「別冊マーガレット」
本家「マーガレット」を抑えて「別マ」が2位を獲得! 1位の「週刊少年ジャンプ」に続き、集英社のマンガ雑誌が見事にTOP2を抑える結果となりました。「別マ」として創刊された頃は読み切り作品が多かったそうですが、現在は多くの連載良作を抱えた少女マンガ雑誌の代表的ポジションのようです。

最近流行りの「おそ松さん」が3月号にスピンオフ作品を掲載したそうですが、アレって小学館の作品ですよね…?

《主な別冊マーガレット名作漫画》

・恋愛カタログ

・イタズラなkiss

・俺物語

・君に届け

・アオハライド



■3位は「花とゆめ」
白泉社の少女マンガ雑誌が3位にランク・イン! このランキングでは3位ですが、月2回刊少女漫画雑誌の発行部数トップということもあり、2位の「別マ」と票の取り合いになった形になりました。

なんと「花とゆめ」には競合他社誌である「マーガレット」の広告が掲載されることがあるそうで、実は集英社から枝分かれした同じグループ会社だからこそ可能な現象のようです。

《主な花とゆめ名作漫画》

・赤ちゃんと僕

・花ざかりの君たちへ

・ガラスの仮面

・フルーツバスケット-

・動物のお医者さん



いかがでしたか?筆者はランキングに名前すら載ってませんが「月刊少年鈍器」の異名を持つ「月刊少年ガンガン」が良作の多いマンガ雑誌だと思っています。「鋼の練金術師」など長編ファンタジーなどが多く、非常に読み応えがあるのですが…。

今回は「良作が多いと思うマンガ雑誌ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位以降のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆・イラスト:Hikaru Sano

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,126票
調査期間:2015年09月22日~2015年10月06日