近年音楽番組が以前に比べ少なくなったように思えます。かつては毎日のようにあった音楽番組。その中でも、独自の個性でファンの多かった番組は、やっぱり復活してほしいもの。そんな数ある音楽番組の中から、毎週のレギュラー番組として復活してほしい番組ランキングをお送りいたします。

■レギュラー番組で復活希望!懐かしの音楽番組ランキング
1位 HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP
2位 ザ・ベストテン
3位 LOVE LOVEあいしてる/堂本兄弟シリーズ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」が選ばれました。まさに「J-POP」という言葉が生まれた1994年から18年間続いた大人気番組です。MCはダウンタウン。やはりトークの面白さが際立つ内容で、アーティストの意外な一面が垣間見えることもありました。また、番組内のトークから生まれた小室哲也プロデュースによるダウンタウンのユニット「H Jungle with t」がミリオンヒットを記録しました。2013年、2014年には、年数回のペースでスペシャル番組として復活しています。
2位には「ザ・ベストテン」がランク・イン。1978年から11年間放映された、ランキング形式の番組です。黒柳徹子さんらによる歯切れのいい司会と、豪華な舞台セット。各順位発表ごとに歌手が登場するという緊張感。ランク・インした歌手が当日ライブの場合は、スタジオ外からの中継も名物でした。寺尾聡さんが「ルビーの指輪」で12週連続1位の記録を記念した赤いソファの存在は、今でも有名なエピソードです。歌謡曲やJ-POPの前身ともいえるニュー・ミュージックなど、日本の音楽シーンの過渡期を彩った番組です。放送終了後も、当時を振り返るさまざまな企画で復活していますね。
3位は「LOVE LOVEあいしてる/堂本兄弟シリーズ」が入りました。KINKI KIDSを中心としたメンバーで、1996年スタートの「LOVE LOVEあいしてる」から、2001年には「堂本兄弟」、2004年からは「新堂本兄弟」として2014年まで放映されたシリーズです。毎週1組のゲストアーティストというスタイルは、シリーズを通して受け継がれていました。
KINKI KIDS以外の歴代レギュラーメンバーは篠原ともえ、ブラザートム、高見沢俊彦、武田真治など。全員がミュージシャンであり、和気あいあいとトークもライブもできるシステム。またこの番組、初期にはかつて「TV出演拒否派」と言われた吉田拓郎氏が出演したことも話題になりました。終了後の2015年、2016年ともに新春特番として復活しています。

時代によって、音楽の流行が変わってゆく流れの中において、記憶に残る音楽番組があるようですね。独自の企画や特色で、日本の音楽シーンを盛り上げてくれています。4位以降には、ユニークな個性派番組もランク・インしていますので、ぜひそちらもご覧ください。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

投票数合計:1,343票
調査期間:2016年01月02日~2016年01月16日