ひと昔前まで浮気は"男の甲斐性"や"芸の肥やし"とも言われており、男性がするイメージが強いものでした。しかし浮気は男性に限った話ではありません。また、女性が浮気をするときは、どうやら男性とは違う理由があるようです。そこで今回は、女性の浮気心が芽生えそうになる瞬間について探ってみました。

■女性が正直に答えた「浮気心」が芽生えそうになる瞬間ランキング
1位:恋人・配偶者にない魅力がある素敵な人が現れたとき
2位:恋人・配偶者に粗雑に扱われたとき
3位:恋人・配偶者といてもつまらないと感じたとき
4位:恋人・配偶者といても寂しいとき
5位:恋人・配偶者から異性扱いされないとき
6位以降を見る

 1位は《恋人・配偶者にない魅力がある素敵な人が現れたとき》でした。何年も横にいるパートナーとの関係が安定しきってしまい、マンネリさえも感じてきた…そんなときにパートナーにはない魅力を持つ素敵な男性が現れると心が揺らいでしまう女性もいるようです。"刺激"と"ない物ねだり"が浮気心に火をつける大きな原因となるのかも。2位は《恋人・配偶者に粗雑に扱われたとき》でした。注目すべきは4位の《恋人・配偶者といても寂しいとき》、5位の《恋人・配偶者から異性扱いされないとき》。この3つの理由に共通することはパートナーからの扱いに満足できていないということ。歳を重ねるほど、パートナーに女性として扱われるのが嬉しくなるもの。「釣った魚にエサをやらない」ような環境ができてしまうと、今の関係に満足できず、他に自分を大切に扱ってくれる男性を求めてしまう傾向があるようです。一方、3位の《恋人・配偶者といてもつまらないと感じたとき》という回答も無視できません。パートナーがかまってくれさえすれば浮気心が芽生えないという2位、4位、5位の回答とは真逆で、パートナーとの関係にマンネリを感じ、自ら刺激を求めたいと感じている女性も多いようです。
 このように、女性の浮気は男性のように"他に魅力的な人を見つけた"という理由だけではなく、"パートナーからの扱いに満足できないから"という回答が多いことが特徴的です。男性側がパートナーの女性をしっかりと見つめておくことで、女性の浮気は激減するかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年10月1日~10月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)