デビューした時から「完璧」とも言えるキレキレのダンスパフォーマンスや歌を披露してくれるK-POPのアイドルたち。

韓国では年間で数十組のアイドルグループがデビューをしていきます。彼らはデビューするまでの間、「練習生」として数年間を過ごしていることがほとんど。「練習生=デビュー予備軍」なわけです。

■この記事の完全版(全画像付き)を見る

現在、華々しく活躍をしているK-POPアイドルたちにも、デビュー前の練習生だった期間があります。今回は、いま活躍しているK-POPアイドルたちの練習生期間についてしらべてみました!


■「練習生」一人あたりに掛かる金額は約1000万円!

▼SMエンターテインメントの練習生による「SM ROOKIES」

そもそも、韓国芸能界における「練習生」とはなんなのか?を簡単に説明をします。

さきほど、「練習生=デビュー予備軍」だと書きました。「練習生期間」はいわゆる「デビュー前の修行期間」のこと。各芸能事務所には、芸能人を目指す若者たちを集めて、デビューまでを育成する「インキュベイティングシステム」が備わっているところが多くあります。このシステムの中でボーカル、ダンス、演技などを様々なトレーニングを受け、芸能人になるために必要な基本的な力をつけていきます。また、トレーニングの中には人格教育までもうけるなど全く新しい人物をつくり上げることもあるとか…。

オーディションの狭き門をくぐって練習生になったからといってデビューが確証されるわけではなく、事務所には多くの練習生を抱えており、その中から秀でたものだけがデビューの切符をつかむことになります。実際にデビューできるのは数人…。その間の訓練は毎日とてもつらく、また規則も厳しいと言われ、挫折してやめてしまう子たちも多々…。

そういう意味では、今韓国の芸能界で活躍をしているアイドルたちは、厳しい訓練を重ね、苦難を乗り越え、数多くの練習生の中から選ばれたエリートとも言えるわけです。

また、歌やダンスなどのレッスン代や食事、教育、交通費、居住費などすべて事務所が負担している場合が多く、練習生一人あたりにデビューまでに掛かる費用は、約1000万円ともいわれています

デビューしてから暫くの間は、この練習生期間に掛かった費用を「回収する」ことになります。これにはデビューしてから数年以上はかかり、やっと自分たちの「稼ぎ」を得るようになるまでは、かなりの時間が要するのです。つまり、費用を精算できるまでは「無収入」に近いことになるわけです。

つい先日、ガールズグループのAOAがデビュー3年目で収入を精算し、事務所から配当をもらえたということが話題になりましたが、男性グループよりもファンの数が少ない女性グループにおいては、デビュー3年目で費用を回収できたのは、「異例」だったとのこと。AOAの人気の高さを実証するニュースでした。


■最長は11年でBIGBANGのG-DRAGON!

▼最長はBIGBANGのG-DRARON

早速、韓国のネットで公開されている「アイドル練習生期間ランキング」(2014年2月時点:ネットユーザー調べ)を元に、K-POPアイドルの練習生からデビューまでの期間を、最長から見ていきましょう。

【11年】G-DRARON(BIGBANG) ※SM:5年+YG:6年=11年

最長は、なんと11年!BIGBANGのG-DRAGONでした。
彼は8歳の時にS.Mエンターテインメントの練習生になりますが、当時は年に数回だけ事務所に出向いて練習をしていただけだったそう。入所してから5年後にYGエンターテインメントに移り、6年の練習期間を経てBIGBANGのメンバーとしてデビューをすることになります。それにしても、8歳から11年間の練習生期間というのは本当に長いですね…。

【7.5年】ジェシカ(元少女時代)、チョ・グォン(2AM)、ミン(miss A)

【7年】スホ(EXO)

【6.5年】スヨン(少女時代)

【6年】キム・ジュンス(JYJ)、ウニョク(SUPER JUNIOR)、イトゥク(SUPER JUNIOR)、テヤン(BIGBANG)、ユリ(少女時代)、ソヒョン(少女時代)、ヨソプ(BEAST)

【5.5年】ユナ(少女時代)

【5年】ソンミン(SUPER JUNIOR)、ドンヘ(SUPER JUNIOR)、イェソン(SUPER JUNIOR)、ギグァン(BEAST)※JYP時代を含む、サニー(少女時代)、ミンジ(2NE1)、カイ(EXO)、クリス(元EXO)

2012年にデビューをしたEXOのスホは、7年という練習生期間で、かなり長い方。なかなかデビューの機会を与えてもらえず、「とても辛かった」とインタビューで話しています。他にも、SUPER JUNIORのウニョクは、小学生時代からの幼なじみで親友だったジュンス(現JYJ)と一緒にデビューする予定が、ジュンスが東方神起として先にデビューをしてしまう事になったり、BEASTのギグァンは、JYPエンターテインメントからAJとしてソロデビューをするものの、CUBEエンターテインメントの社長とともにJYPを去り、その後BEASTとしてデビューをしたりと、練習生期間が長い人たちは、それなりに苦労を重ねてきたようです。


■平均練習生期間は3~4年くらい

▼EXOの末っ子のセフンは4年。意外と長い練習生期間

K-POPアイドルたちの平均練習期間は、このリストだと大体3~4年間が多いようです。早速見ていきましょう。

【4年】カンイン(SUPER JUNIOR)、パク・ボム(2NE1)、Jun. K(2PM※元記事では「ジュンス」のままになっています)、セフン(EXO)、レイ(EXO)、シウミン(EXO)、チャンヨル(EXO)、ソルリ(元f(x))、ヨン・ジュニョン(BEAST)※XING時代を含む

【3.5年】ルナ(f(x))、クリスタル(f(x))

【3年】ユンホ(東方神起)、ヒチョル(SUPER JUNIOR)、キボム(元SUPER JUNIOR)、ジョンヒョン(SHINee)、キー(SHINee)、テミン(SHINee)、ミンホ(SHINee)、ティファニー(少女時代)、テヨン(少女時代)、ヒョンスン(BEAST)、ドンウン(BEAST)、CL(2NE1)、ルハン(元EXO)

【2.5年】チャンミン(東方神起)、ソヒ(Wonder Girls)※SM時代含む、ニックン(2PM)、テギョン(2PM)、ジュノ(2PM)、チャンソン(2PM)、オンユ(SHINee)、ビクトリア(f(x))

【2年】キム・ジェジュン(JYJ)、シウォン(SUPER JUNIOR)、トゥジュン(BEAST)※JYP時代含む、スロン(2AM)、ユビン(Wonder Girls)※GoodEMG時代含む、サンダラ・パク(2NE1)、D.O.(EXO)

【1.5年】パク・ユチョン(JYJ)、ソンミ(Wonder Girls)※SM時代含む、アンバー(f(x))

【1年】シンドン(SUPER JUNIOR)、テソン(BIGBANG)、T.O.P(BIGBANG)、ウヨン(2PM)、ベッキョン(EXO)、チェン(EXO)、タオ(元EXO)、ニコル(元KARA)

SHINeeにおいては、オンユ以外のメンバーが練習生期間が3年なのが面白いですね。BEASTのヒョンスンはCUBEに入る前に、BIGBANGのメンバー候補としてファイナリストまで残っていたことで有名です。2PMはJun. Kだけが4年と長めで、入所してからなかなかデビューが決まらなかったといいます。インタビューで「(練習生になってから)デビューまではつらかったです。デビューが6回ほどなくなりましたから」と当時のことを語っています。


■最短は0日!受かったその日に合流

▼最短はWonder Girlsのイェウン!

一方、G-DRAGONのように10年以上にわたって練習生生活を送ってきたアイドルもいれば、その逆に1年未満という短期間の練習生生活でデビューをしてしまった人たちもいます。1年未満の練習期間のアイドルたちを見てみると…。

【10ヵ月】スンリ(BIGBANG)、スジ(miss A)、ギュリ(KARA)

【8ヵ月】ジヌン(2AM)

【4ヵ月】リョウク(SUPER JUNIOR)

【3ヵ月】ク・ハラ(KARA)、チャンミン(2AM)、ヒョギ(VIXX)キュヒョン(SUPER JUNIOR)

【2週間】ジヨン(元KARA)

【0日】イェウン(Wonder Girls)※公開オーディジョン合格後そのままグループ合流

最短はWonder Girlsのイェウン。オーディションを受けて合格したその日のうちに合流したので、練習生期間はなんと「0日」!これは異例中の異例ともいえますね。現在日本でも女優として活躍している元KARAのジヨン(知英)も、たった2週間、SUPER JUNIORのリョウクやキュヒョンも4ヵ月と3ヵ月という短期間(他のメンバーが最長6年からと長いことを考えるとかなりの短期間)ですから、もともと何か秀でたものがある場合は練習生期間はあまり関係ないのかもしれません。


☆☆☆☆☆☆


現在のところ、K-POPのアイドルたちが練習生になってからデビューするまでの平均は約3年と言われています。デビューしたからといっても、全員が売れるわけではありません。そこからがまた新しい「スタート」とも言えるわけです。

厳しい練習生期間をくぐり抜けてデビュー出来たアイドルたち。これからも沢山デビューしていくことでしょう。これからどんなアイドルたちが出てくるのか、も楽しみですね。

それではまた!アンニョン~☆

(西門香央里)