2月には東京近辺でも雪がちらほら、慣れていないと慌ててしまいますよね。ですが、本場・雪国はそんなものではありません。驚くあるあるがたくさんあるんです!そこで、雪国ならではのあるあるをランキングにしてみました。1位を獲得したのは、雪国育ちの方には見慣れた風景の一角でした。さっそく見ていきましょう~!

■雪国だったら当たり前!ビックリな雪国あるあるランキング
1位 信号機は縦が基本
2位 屋根から落ちる雪の音と振動がハンパない
2位 ゴキブリがいないのは嬉しい
2位 雪が降ったほうが暖かく、晴れると寒い
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《信号機は縦が基本》が選ばれました。雪が多い地域では、縦信号が多く使われています。それもそのはず、横信号だと雪で電球が見えなくなってしまったり、雪の重みで信号機が落下する危険すらあるんです!縦だと積もる心配も少なくなります。さらに近年では、LED化が進み、薄型タイプも登場しているため、横型も増えているそうですよ。

▼縦信号 雪国だったら当たり前!ビックリな雪国あるあるランキング

2位には《屋根から落ちる雪の音と振動がハンパない》がランク・イン。屋根に積もった雪がドカッと落ちた時の衝撃はハンパないです。雷かと思ったら落雪音だったというエピソードもあるあるのひとつですね。地鳴りのような音が夜中に響くと、飛び起きてしまうこともしばしば。

同率2位には《ゴキブリがいないのは嬉しい》《雪が降ったほうが暖かく、晴れると寒い》でした。ゴキブリは未だ見た事がない!という雪国の方も多いのではないのでしょうか。憧れますね~Gなんていなくなってしまえばいいのに…!また、放射冷却のために雪が降ったほうが暖かく感じるんです!ま、暖かいとは言っても最高気温がマイナス気温なのは変わりないのですが…。
雪国だったら当たり前!ビックリな雪国あるあるランキング

他にも、車の屋根に積もった雪をそのままにして運転するのは、大変危険です!フロントガラスが真っ白の雪に包まれますよ。さらに、屋外は超極寒だが、家の中は夏仕様で過ごせる暖かさなんです。タンクトップでもへっちゃら!このように、雪国在住の方はもちろん、積雪を体験したことが無い方も気になる結果がランキングページで、30位まで紹介しています。様々な雪国あるあるををお楽しみください。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,046票
調査期間:2016年01月04日~2016年01月18日