実は韓国で活躍している日本人が多くいるということをご存知ですか?

多分知らない人のほうが多いのではないでしょうか?以前、韓国をメインに活動していた女優の笛木優子さん(韓国での芸名は「ユミン」)がいますが、現在も彼女のように韓国で活躍をしている日本人は多くいます。最近は、去年の秋にデビューしたガールズグループの「TWICE」に日本人メンバーが3人入ったことで話題になりました。

ということで今回は、K-POPアイドル以外にも、韓国の芸能界で現在活躍をしている日本人を紹介したいと思います!

■この記事の完全版(全画像・動画付き)を見る


■アイドル

・モモ(左)/TWICE

・ミナ/TWICE

・サナ/TWICE

今一番の注目の日本人といえば、TWICEの日本人3人でしょう!「SIXTEEN」というJYPエンターテインメント所属の16人の女性練習生からデビューする9人を決める番組で勝ち残り、「TWICE」としてデビューしたドリームガールズです。ダンスが得意でまさに「ダンスクイーン」なモモ、日本人らしい顔立ちで人気のミナ、そしてちょっと天然な愛嬌あふれるサナの3人は、TWICEの中でもセンターを任せられる存在。名前の頭文字などを取って「モナミライン」として親しまれています。早く日本デビューをしてほしい!

・レナ/D.HOLIC

韓日中のメンバーが所属するグループ、D.HOLICからデビューした日本人、レナは大阪アクターズスクール出身。オーディションでは準グランプリを獲得。その後、東京で開催された「ソウルガールズコレクション」のオーディションの際に、最初の事務所に声をかけられ韓国に渡ったそう。最初は韓国語も話せず苦労したり、練習生中に家がなくなったりと、結構な苦労人…。現在は新しい事務所からD.HOLICとしてデビューし、精力的な活動をしています。

・HINA/SM ROOKIES

あまりにも情報がないのですが…東方神起などが所属するS.M.エンターテインメントの練習生による「SM ROOKIES」の中に「HINA」という名前の日本人の練習生がいるそう。公式サイトには簡単なプロフィールと写真しかないため、詳しくはわからないのですが、SM ROOKIESにいるということは、「次期デビュー候補」ということなので、デビューも近いかも?

また、今年から始まったMnetのサバイバル番組「PRODUCE 101」にも、丹羽紫央里(ニワシオリ)さんと、有吉りさ(アリヨシリサ)さんという2人の日本人が参加しているとか。この「PRODUCE 101」では様々な芸能事務所から101人(!)の練習生が集まり、サバイバルをして勝ち抜いた一部の女の子たちがデビューを勝ち取るというサバイバル番組。この日本人の2人はどこまで進むでしょうか。今後が楽しみですね


・カンナム/M.I.B

以前、「イケメン15人」コラムでも番外として紹介した、カンナム。韓国で知らない人はいないだろうというくらい、現在とても人気のある日韓ハーフの男性アイドルです。M.I.Bというヒップホップグループのメンバーとしてデビューをしましたが、日本ではJ-POPやハードコアのバンドで活躍をしていたそう。アメリカ留学の経歴があり、ハワイの留学先ではなんと5回も退学に…。人懐っこいキャラクターが韓国ではウケたようです。本名は「滑川康夫」。

・TAKUYA/CROSS GENE

このコラムでは以前、CROSS GENEのSHINのインタビューを掲載しましたが、同じグループには日本人の「TAKUYA」が在籍しています。彼は2008年に第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞受賞を受賞し日本で活動をしますが、その後韓国に渡り2012年にCROSS GENEのメンバーとして韓国でデビューをします。韓国のバラエティー番組「非首脳会談」に11カ国の外国籍パネラーの一人として出演し、真面目な人柄に好感を持たれ、ブレイク。カンナム同様、韓国でとても人気のある日本人の一人と言っても間違いないでしょう。

・YUTA/SM ROOKIES

S.M.エンターテインメントの練習生による「SM ROOKIES」の中のデビュー予備軍「SR15B」のメンバーである日本人練習生「YUTA」。前述のTAKUYAが出演していた「非首脳会談」で、TAKUYA降板後の後釜で日本代表として出演を果たしました。「SR15B」は2015年中にデビューの噂がありましたが、結局デビューせず…今年こそは!なのですが、1月にSMが発表した練習生40人によるプロジェクト「NCT」が発表され、この中に「SR15B」が含まれることに。「NCT」としておそらく今年にはYUTAもデビューするのではないでしょうか?楽しみに待っていたいと思います!


■タレント/女優/俳優

・サユリ(藤田小百合)

今、韓国で活躍する日本人といえばこの人!というくらいの活躍をしているのが、「サユリ」こと藤田小百合さん。今、バラエティー番組に引っ張りだこのタレントです。韓国に在住する外国人女性を集めた番組「美女達のおしゃべり」に出演したことでブレイクし、歯に着せぬ物言いと、飾らない彼女のキャラクターがウケて、番組が終わった後も多くの番組に出演しています。「33歳の独身」ってことで、そのあたりもイジられネタになっているよう…。彼女のツイッターもとてもおもしろい!

・秋葉里枝

彼女も、前述のサユリと同じく、韓国に在住する外国人女性を集めた番組「美女達のおしゃべり」に出演し、人気になった日本人タレントの一人。日本で活動していた頃は「杉本 瞳」という名前だったそう。日本で活動している中、大学を休学し韓国に渡り活動を開始、その後日本に戻って復学し、現在は日韓を行き来しながら両国で芸能活動をしているようです。

・藤井美菜

東方神起の「どうして君を好きになってしまったんだろう?」のMVで女主人公を演じたことでK-POPファンの間でも知っている人の多い藤井美菜さん。日本でも映画やドラマ、CMなどに沢山出演していますが、彼女も現在韓国で活躍する日本人の一人です。2012年より韓国での活動を開始し、2013年に芸能人同士が“仮装結婚”をする「私たち結婚しました 世界版」にFTISLANDのイ・ホンギの相手役として出演し、韓国での人気が出ました。

・SHIHO

日本でも人気のモデルSHIHO。娘のサラン(紗蘭)ちゃんは韓国のテレビ番組にお父さん(SHIHOの夫、秋山成勲氏は日本に帰化した韓国人)と一緒に出演し、「カワイイ!」と韓国では人気者になっています。「サランちゃんママ」のSHIHOもその関係で注目され、最近は韓国で人気のバラエティー番組に出演したり、韓国の雑誌のグラビアに出たりと、活動の場を広げているようです。写真では少女時代のスヨン(筆者は個人的にこの2人は似てると思うのですが…)と一緒に写ったりと、韓国の芸能人との交流もあるようですね。

・大谷亮平

韓国で俳優として活躍する大谷亮平さんは韓国で人気のあるイケメン日本人俳優。日本でモデルとして活動している中で、2003年に韓国の「ダンキンドーナツ」のCMに出演したことがキッカケで活動の場を韓国に移したとか。ドラマはもちろん、バラエティーにも多く出演しています。最近は、SHINeeのジョンヒョンのソロアルバムのタイトル曲「一日の終り」のMVの男主人公を演じました。今、ブレイク中のディーンフジオカ(台湾で活躍)のように、日本に「逆輸入」してほしい俳優さんのひとりです。


■ミュージシャン

・長谷川陽平

韓国で活動するギタリスト長谷川陽平さんは、実は俳優・竜雷太氏の息子さん。1995年に韓国に渡り、韓国のロックに魅せられそのまま移住をしてしまったそう。様々なバンドを渡り歩いた後、現在は「チャン・ギハと顔たち」というバンドでギタリスト兼プロデューサーとして活動をしています。「無限挑戦」というバラエティー番組の「寂しい友達を紹介します」というコーナーに出演し、その強烈な存在感が話題を呼び(番組放映時は検索チャートで1位になったとか!)有名になりました。韓国では「ヤンピョンイヒョン(韓国語で「陽平兄さん」)と呼ばれ親しまれています。


☆☆☆☆☆☆


意外と韓国で活躍している日本人は多くいるもので、最後に紹介した長谷川陽平さんに関しては、韓国の友達に聞くまで全く知りませんでした。しかも、有名な俳優さんの息子ということで…びっくりな事実でした。

今はデビューはしていなくても練習生として日本人が在籍していることもありそうですし、アイドルやタレントの卵は韓国にはまだまだいっぱいいるかもしれませんね。彼らが夢を叶えて韓国で活動してくれる姿は、私たちに勇気を与えてくれるでしょう。

それではまた!アンニョン~☆


(西門香央里)