最近は芸能人同士の結婚ラッシュ。そんな芸能人夫婦の中でも、姉さん女房は少なくありません。昨年末結婚したばかりの安倍なつみと山崎育三郎夫婦も、安部なつみが年上の姉さん女房です。そこで今回は、「デキる嫁だな」と思う姉さん女房は一体誰なのかを探ってみました。

■デキた嫁だなと思う、姉さん女房の有名人ランキング
1位:里田まい&田中将大
2位:小雪&松山ケンイチ
3位:国仲涼子&向井理
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《里田まい&田中将大》が選ばれました。メジャーリーガーの田中将大と結婚した4歳年上の里田まい。もともとはおバカキャラで人気を集めていた彼女ですが、アスリートである夫の食事面をサポートするために猛勉強し、“ジュニア・アスリートフードマイスター”の資格をとったことは有名な話。今では料理のレベルがプロ級だと絶賛されています。さらに英語も勉強し、海外で夫を支える姿に「デキた嫁だ」と感動した人が多数、1位に輝きました。
デキた嫁だなと思う、姉さん女房の有名人ランキング

画像:goo画像検索


2位には《小雪&松山ケンイチ》がランク・イン。女優&俳優の夫婦であり、8歳の年の差婚として当時話題になりました。小雪は昨年7月に第3子となる男児を出産し、現在放送中のテレビドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)で仕事復帰。バラエティ番組では子育ての大変さを漏らすこともありますが、子育てと仕事をしっかりと両立している彼女の姿を見て、妻力や母力の高さを感じている人が多いようです。
デキた嫁だなと思う、姉さん女房の有名人ランキング

画像:goo画像検索


3位は《国仲涼子&向井理》でした。3歳年上の女優・国仲涼子は、とにかく礼儀正しくて感じがよいと業界関係者から評判。周囲への配慮ができ、いつも笑顔で場の雰囲気を明るくしてくれると、向井理をはじめとした過去に共演経験のある俳優・女優がこぞって彼女を称賛していることからも、女子力の高さがうかがえます。
デキた嫁だなと思う、姉さん女房の有名人ランキング

画像:goo画像検索


このように、キャラクターは異なりますが、姉さん女房の夫婦は芸能界に多数存在します。《菊地凛子&染谷将太》夫婦はなんと年の差11歳!みなさんは、結婚するなら年上がいいですか?それとも年下がいいですか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2016年1月14日~2016年1月19日