2016年2月に10周年を迎えたモバゲー。一度でもモバゲーのゲームに夢中になったり、SNSに入り浸ったりしたことがある方には、今思うと恥ずかしすぎる「モバゲー黒歴史」がひとつやふたつあるのでは…?

そこで今回は、モバゲーなどのSNS利用経験者に、当時の恥ずかしい黒歴史を掘り起こしてもらいました。これは…正直イタイですよ…!(笑)

■今思うと恥ずかしい、モバゲーの黒歴史ランキング
1位:ゲーム内の体力回復に合わせた生活リズムになっていた
2位:どことなく病んでいた
3位:ニックネームを十字架(†)で囲っていた
4位以降のランキング結果はこちら!

モバゲー黒歴史第1位は《ゲーム内の体力回復に合わせた生活リズムになっていた》でした。当時『怪盗ロワイヤル』などのゲームに夢中になった方も多いと思いますが、体力システムには振り回されたものです。体力が切れると、回復するまでの間SNSに入り浸ったり、その間に仕事や勉強をしたり…。そして、回復する時間になったら、喜々としてゲームを再開。完全にモバゲー中心に生活してました。黒歴史認定です。

続いて2位は、ざっくりしてますが《どことなく病んでいた》。現実の人間関係は二の次、モバゲー上でのコミュニケーションにどっぷり浸かりきったり、寂しくてかまってちゃんモードに突入したり…あの頃はどことなく病んでいた。そんな黒歴史をもつユーザーもいるようです。

3位は《ニックネームを十字架(†)で囲っていた》。いましたいました、「†」や「卍」などの記号でニックネームを囲っちゃう人。さらにポエムとか投下しちゃう人。いま見ると悶絶死しちゃうんじゃないでしょうか。これぞ紛うことなき黒歴史です。

▼こういう人いたよね!


ちなみに、十字架「†」は「ダガー」で変換すると出てきます。Twitterなどのニックネームに使ってみると、今なら逆にウケるかもしれません。

と、ここまでもかなりイタイ感じですが、4位以降はよりディープな黒歴史のオンパレードです。モバゲーだけでなく、ゲームやSNSサイトにハマったことのある人ならつい「あるある」と思えるエピソードが満載ですよ。ぜひチェックして悶絶してください…!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2016年1月14日~2016年1月19日