水晶体の調整力が低下することで老眼になる

眼の構造はカメラと同じです。フィルムが網膜で、ピント合わせはレンズに当たる水晶体の厚さを変えて行います。
水晶体が最も薄い状態で、平行光線が網膜にぴったりとピントが合うのが正視です。さらに、水晶体の厚さを調節することで、近くの物にもピントを合わせることができます。毛様体筋という筋肉が収縮し、水晶体を引っ張る毛様小体が緩むと水晶体が厚くなり、近くのものにピントが合うのです。
加齢によって水晶体の弾力が減り、このピント合わせの調節力が低下した状態が老視(老眼)で、そのため近くの物がだんだんと見えにくくなります。

水晶体と網膜の距離が長いと近視に、距離が短いと遠視に

一方、平行光線が網膜の手前で結ばれてしまうために、遠い場所にある物がはっきり見えないのが近視です。逆に遠視は、平行光線が網膜の後ろで結ばれてしまい、近くにある物にピントが合いにくい状態です。こうしたズレは眼球の形の問題であることが多く、水晶体から網膜までの距離が近視では長く、遠視では短くなってしまっています。
近視の場合は屈折力を弱める凹レンズのメガネを、遠視の場合は屈折力を強める凸レンズのメガネを使って、平行光線が網膜できちんと像を結ぶように矯正します。

近視の人は老眼を自覚しにくいが、確実に老眼にはなる

老視の原因は年齢にともなう調整力の低下であるため、近視の人も老視にはなります。ただ、近視ではもともと近くの物に焦点が合いやすいため、正視の人や遠視の人に比べて老視を自覚しにくいという面はあります。
ただし、近視を矯正する凹レンズのメガネやコンタクトレンズをつけた状態では正視と同じですから、40歳ぐらいから老視の症状は出ます。「近視だから老眼にならないはず」と思い込まず、近くを見る時はメガネを外したり、眼科医に相談して遠近両用のメガネやコンタクトレンズなどで対応を行いましょう。

網膜には光と色を感じる視細胞がある

レンズである水晶体の話が中心になりましたが、フィルムにあたる網膜では何が起こっているのでしょうか。
網膜には視細胞が並んでいて、視細胞にある視物質という蛋白質が光の刺激で形を変化させることで電気信号が生じます。視細胞には色を感じる錐体(すいたい)細胞と、光を感じる桿体(かんたい)細胞があります。錐体細胞は視野の中心部にあたる黄斑部にぎっしりと並んでいて、明るいところで物を見る時に中心となって働きます。

一方、桿体細胞は視野の端にあり、わずかな光でも感じることができます。暗い所で物を見る時は桿体細胞が主に働くので色を感じることはできず、夜空の暗い星は視野の端の方で捉えた方がよく見えたりします。

【参考】
医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解

【関連記事】
  • 双子調査でわかった「見た目が若いほど長生き!」
  • 近視の人は老眼にならないってホント?