明日は節分ですね。節分といえば大豆!毎年大豆を年の数食べながら「味気ないな~」と思っている人も少なくないかと思います。しかし、大豆は“畑の肉”と言われているほど良質なたんぱく質やミネラルを多く含む万能食材!毎日でも大豆製品を食べたいところです。そこで今回は、好きな大豆原料の食品について探ってみました。大豆だけに、マメ知識もたっぷりご紹介~!

■たかが大豆と思うなかれ。好きな大豆原料の食品ランキング
1位:豆腐
2位:納豆
3位:きなこ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《豆腐》が選ばれました。
そのまま冷奴として、鍋の具材として、揚げ出し豆腐にして…無数の食べ方を楽しめる豆腐。やわらかな触感となめらかな舌触りは誰もが大好きな食品です。豆腐にすることで、ゆでた大豆に比べてカロリーや脂質は約半分に!ミネラル分は大豆より豊富に含まれることから、豆腐はダイエットにもピッタリ。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれることから、キレイを維持しながらダイエットした女性の強い味方になってくれます。
【たかが大豆と思うなかれ】実は優秀食材!好きな大豆原料の食品ランキング

2位には《納豆》がランク・イン。
大豆を発酵させて作られる納豆。発酵の過程で体に良い成分が新たに作られることから、発酵食品は今注目を集めています。納豆は大豆に比べてビタミンやカルシウム、鉄分が豊富に含まれていて、美容と健康に効果的な食品だと言われています。納豆にしか含まれていない栄養素“ナットウキナーゼ”は血液をサラサラにして血栓ができるのを予防する働きがあることから、寝る前に食べると心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果が期待できると言われています。
【たかが大豆と思うなかれ】実は優秀食材!好きな大豆原料の食品ランキング

3位は《きなこ》でした。
きなこ餅などで食べるきなこが大好きな人も多いかと思います。実は大豆製品の中でも大豆イソフラボンの含有量が多いのがきなこ。その他、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールも含まれるため、美容を意識する女性にとって嬉しい効果が多数期待できます。

このように、大豆には栄養がたっぷりと含まれている食品なのです。手ごろな価格で購入でき、おいしく食べられて栄養も豊富。素晴らしい食品ですよね。みなさんは大豆を使った食品で、何が一番好きですか?

調査方法:gooランキング編集部が「アイリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年12月18日~2015年12月21日