本日2月3日は節分。毎年家で豆まきをしたり恵方巻を食べたりする人もいれば、各地で行われている節分イベントに参加し、節分を楽しんでいる人と多いかと思います。そこで今回は、多くの人が思い浮かぶ「節分といえば○○」という“節分あるある”について探ってみました。

■鬼は外、福は内!節分のあるあるランキング
1位:コンビニやスーパーが恵方巻きだらけ
2位:後片付けが大変
3位:お父さんが鬼の役
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《コンビニやスーパーが恵方巻きだらけ》が選ばれました。恵方巻きの恵方とは、その年に最も良いとされる方角。今年は『南南東』です!そして恵方巻きとは、かんぴょう、きゅうり、たまごなど、縁起が良いと言われる具材を巻いた巻き寿司を、願い事をしながら恵方を向いて食べるという風習です。関西を中心に行われてきた風習ですが、最近は全国各地に広まり、節分前はどのコンビニやスーパーも恵方巻が積みあがっている状態に!海鮮恵方巻や恵方巻スイーツロールなど、変わり種も多く見られるようになりました。

毎年、美味しそうな恵方巻きがコンビニやスーパーに並ぶ光景はおなじみになりましたね。皆さんはどこの恵方巻きを召し上がりますか?

2位には《後片付けが大変》がランク・イン。昔は病や災害など、目に見えない出来事は鬼の仕業だと考えられていたため、立春を迎える前に鬼に豆をぶつけて厄を払おうという風習から豆まきが行われるようになりました。「鬼は外!福は内!」と部屋に豆をまくまではいいものの、まいた豆の後片付けに苦戦する人が多数。ソファーの下に入り込んだり、カーペットに埋もれていたり…忘れたころに豆が出てくることも!

3位は《お父さんが鬼の役》でした。なぜか鬼のお面を被らされ、鬼役として豆をぶつけられるのがお父さんの役目。「子どもとはいえ、豆を大量に投げつけられるのが毎年辛い」と嘆くお父さんも少なくないようです。
鬼は外、福は内!節分のあるあるランキング

東京都内では毎年10,000人を越える参拝客が集まる池上本門寺・節分追儺式や、芸能人が豆をまくことで有名な芝 増上寺・節分追儺式など、各地で豆まきイベントが開催予定です。今年は豆まきイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

他にも、誰もが「分かる!」とうなずいてしまうようなあるあるがランク・インしています。4位以降のランキング結果も是非ご覧くださいね!

調査方法:gooランキング編集部が「アイリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年12月18日~2015年12月21日