スキー場では、真っ白なゲレンデをロマンチックに彩るBGMが欠かせないもの。スキー場でのBGMといえば、広瀬香美のナンバーが定番ですよね。全国各地のスキー場では、未だに広瀬香美の曲をBGMとしてかける所が多いとか。そこで今回は、スキー場でよくかかっているBGMについて調査してみました。

■スキー場でよくかかってるBGMランキング
1位:ロマンスの神様
2位:ゲレンデがとけるほど恋したい
3位:恋人がサンタクロース
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

堂々の1位に輝いたのは、やはり広瀬香美の代表曲《ロマンスの神様》が選ばれました。1993年年にリリースされた《ロマンスの神様》は、女性のストレートな気持ちを表したアップテンポが魅力の楽曲。スキー用品のアルペンのCMに起用されて以来、ウィンターソングの定番として根強い人気を誇っています。

2位には、同じく広瀬香美の楽曲《ゲレンデがとけるほど恋したい》がランク・イン。1位の《ロマンスの神様》の爆発的ヒットを受け、1994年には「幸せをつかみたい」、1995年に《ゲレンデがとけるほど恋したい》を続けてリリースし、「冬の女王」とも呼ばれるようになりました。広瀬香美のナンバーは、冬ソングの定番として現在も高い人気を集めているといえますね。
他にも、《粉雪》《寒い夜だから…》など、スキー場にぴったりなBGMが選ばれています。スキー場で定番のウィンターソングがBGMで流れていると、かつて一世を風靡したトレンディドラマの主役になったような気分になる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに先日スキー旅行に行ってきたのですが、そこで流れていたBGMはAKB48の「365日の紙飛行機」、三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」と、最近流行りの曲もBGMに使用されていますね!

また、2015年は暖冬の影響もあり、オープンが遅れたスキー場もありました。本格的な寒さもやってきて、やっとウィンタースポーツシーズン真っ只中になりましたね!gooランキングではスキーあるあるスノボあるあるも調査しておりますので、是非ご覧ください。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年10月27日~2015年10月30日