アメリカでは「遺伝子組み換え作物を表示する義務」を可決した州が出たと思ったら、今度は「遺伝子組み換え作物の表示義務を禁止する法律」が審議中だとか。
「あちらは大変ね。日本には表示義務があってよかったわ。ちゃんと『遺伝子組み換えでない』とパッケージに書いてある食品を選んでいれば安心よね」と思ったアナタ。それにしても、表示義務があるにしては「遺伝子組み換え」の表示をあまり見かけないと思いませんか?

実は、遺伝子組み換え食品の表示義務には例外がたくさん。すべての遺伝子組み換え食品が表示されているわけではないのです。

果糖ブドウ糖液糖も、デキストリンも、油も「表示義務対象外」

日本では1996年に遺伝子組み換え作物が認可され、その後、表示が義務付けられました。
遺伝子組み換え作物の表示は、「遺伝子組み換え」(義務表示)、「遺伝子組み換え不分別」(義務表示)、「遺伝子組み換えでない」(任意表示)の3種類。トウモロコシ、菜種、大豆、ジャガイモなど8種類の遺伝子組み換え作物を使った33品目の加工食品には表示義務があります。

でも、「遺伝子組み換え」の表示をほとんど見ないのは、表示義務の例外が多いため。
まず、原材料に含まれる量の多さが4番目以降で、混入量が5%未満なら表示義務がありません。例えばチョコレート菓子の表示の4番目に「大豆レシチン」とあった場合、その大豆が遺伝子組み換え作物であっても表示する必要はないのです。
また、作物の加工度が高く、現在の技術では検出できないものについては、表示義務対象外。清涼飲料やアイスクリームなどに入っている「果糖ブドウ糖液糖」(トウモロコシ由来)や、トクホのドリンクやスープなどに使われる「テキストリン」(トウモロコシやジャガイモ由来)がそれです。
また、菜種油、大豆油、コーン油などの「油類」も表示が不要です。

家畜飼料を通じて、肉、乳、卵からもとっている

今のところ日本では遺伝子組み換え作物の商業栽培はされていないので、遺伝子組み換え作物はすべて輸入です。その輸入量は世界一。年間推定3100万トンの穀物輸入量のうち、1700万トンがアメリカなどからの遺伝子組み換え作物です。国内の消費量では、大豆の75%、トウモロコシの80%が遺伝子組み換え作物なのです。

そうした遺伝子組み換え作物は、家畜の飼料としても使われています。国内の家畜飼料の9割が、コストの安い遺伝子組み換え飼料に頼っています。そのため私たちは、遺伝子組み換えの飼料で育った家畜の肉、乳、卵を食べることによって、間接的にも遺伝子組み換え作物を体の中に入れていることになります。

もし、「スーパーに行って夕食の食材を揃えること(ただし遺伝子組み換え作物を体に入れるのはNG)」というルールのゲームがあったら……。納豆や豆腐といった、表示義務があって加工度の低い「遺伝子組み換えでない」食品以外、ほとんど何も買えないかもしれません。

最近では、遺伝子組み換えによる「食べるワクチン」も

遺伝子組み換え作物と健康被害の因果関係が認められているわけではありませんが、安全性が証明されているわけではありません。
一方で最近では、特定の栄養を強化したり、ワクチンを入れた作物の開発も進められ、国内でも「花粉症対策イネ」が研究中。アメリカでは「コレラワクチン入りバナナ」「B型肝炎ワクチン入りじゃがいも」などの研究もさかんで、発展途上国の感染症予防として実用化が期待されています。

【関連記事】
  • おいしくてヘルシーな“matcha(抹茶)”がLAで流行
  • 2016年こそ運のいい人になる!マネしたい【年越しゲンかつぎ…
  • 気にしてる?【遺伝子組み換え表示】には例外がたくさん
  • お正月3日目、そろそろ食事の支度が面倒……そんな人のための【…
  • 「キレイな見た目」に注意!外食の【卵】の秘密とは?