テレビの中で活躍する芸能人は、自分が住む世界とは遠くかけ離れているかのように感じてしまう人も多いのでは。しかし芸能人の中には、実はデビュー前にサラリーマンをしていたという人もいます。そこで今回は、「脱サラした」と知って意外だと思う芸能人は誰かみなさんに聞いてみました。

■意外だと思う「脱サラ芸能人」ランキング
1位:竹内力
2位:坂本昌行(V6)
3位:藤井フミヤ
4位:福山雅治
5位:佐々木蔵之介
6位以降を見る

 1位は《竹内力》でした。『難波金融伝・ミナミの帝王』のイメージが強い《竹内力》ですが、実は俳優になる前も“金融”に関わっていたとか。しかし注目したいのは同じ金融でも正反対の銀行マンだったのです。そのギャップに驚いた人が多く、1位となりました。2位は《坂本昌行(V6)》でした。今や誰もが知っているジャニーズを代表するグループのひとつであるV6ですが、坂本昌行は一度ジャニーズを辞め、旅行代理店に勤務していた時代があるそうです。3位は《藤井フミヤ》でした。《藤井フミヤ》の若いころと言えば「チェッカーズでしょ?」と思う人が多いかと思いますが、実は高校卒業後、日本国有鉄道・門司鉄道管理局に就職し、働いていた時代があるそう。4位は《福山雅治》でした。高校卒業後、地元企業で4ヵ月サラリーマン生活をしていたそうです。《福山雅治》のようなサラリーマンから営業を受けたいと思う女性も多いのでは。5位は《佐々木蔵之介》でした。大学卒業後、広告代理店で2年半勤務し、その後役者の道を目指したそう。なんと、お笑い芸人ますだおかだの増田英彦さんがそのときの同僚なのだとか。
 意外にも華麗に芸能界で活躍している人の中には、サラリーマンを経験していた人も少なくありません。ずっと芸能界に憧れていた…という人は、まだ夢を捨てるのは早いかもしれませんよ。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年9月18日~9月22日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)