こんにちはCHIEです。2016年も始まりましたが、みなさんどうですか?
私はというと・・・元日に初詣へ行った帰りに自宅のカギを失くしたことから始まり、ドアに素足をぶつけて親指をケガしたり、新幹線にバッグを置いたまま下車して長野まで取りに行ったりと、持ち前のドジっぷりを最大限に発揮して新年早々ツイてない毎日です・・・

この悪運を断ち切るべく私の故郷、群馬県にある日本で最初の縁切り寺「満徳寺」に行ってきました。

現在はお寺の跡地だけになってしまっているのですが、隣にある資料館には“縁切り厠”というものがあって・・・
そう、トイレなんです!!!!

■ この記事の完全版(全画像付き)を見る

2つ並ぶトイレの白いほうが縁切り用、黒いほうが縁結び用です。縁切り札をもらって「縁を切りたいこと」と「縁を結びたいもの」を書き、シャーッと流して悪運と縁を切ってきましたよ。

江戸時代からある風習らしいのですが、地元でも効果てきめんと評判です。以前にも「塩まじない」のコラムを書きましたが、昔からこういったまじないごとにトイレはつきものだったのですかね。縁切りをしたあとは良いことが起こると言われているので今後に期待です。みなさんも悪縁を断ち切りたい人はぜひ、行かれてみてください。


しかし群馬はさすがに遠い・・・という方ももちろんいますよね。そんな方のために、今回は自宅ですぐにできる悪縁を断ち切る方法をご紹介します。

悪運を断ち切る方法まず1つめは、玄関マットを変える

玄関マットは良い運気と悪い運気をジャッジして良い運気は家の中へ、悪い運気はそこで食い止めるという働きをしてくれるのだそうです。


次に縁切りのアイテムとして、サボテン、長めの暖簾、雄鶏モチーフの置物を置く

これらは縁切り三種の神器と言われています。一個一個がすべて悪縁切りの強い味方。サボテンだったらインテリアとして気軽に取り入れられますよね!


そして次は、下着と部屋着を一新

風水では最低でも1年に1回、下着を買い換えると良いと言われています。特に新年は新しい運気のスタートなので新しい下着で、運気を切り換えるつもりで下着を換えましょう!捨てる時は1か所ハサミで切ると運気が安定します。また、できたら旅行先で捨てると金運がアップするそうです。下着だけでなく、部屋着も新しくするとより効果的です。表に見えないところを変えていくことで、内面に大きな変化が表れるようになります。


最後に、時間に余裕のある人にぜひやってもらいたいのは、模様替え

運の流れをガラッと変えたい時は模様替えをするのが一番です。2016年は「土」の気を持つ年にあたるので、自分の基盤となるベースを整えることが開運のカギ。ちなみに土は“生まれる”という意味があるので、今年は愛が芽生える年です。部屋の模様替えは、恋愛運アップの開運行動。今年は模様替えをするのが本当にオススメな年なので、機会があったらやってみてください。


今回もいくつかご紹介させていただきましたが、ちょっと試したみたいなと思ったことから初めてみてください。直感が一番大事です!

縁を結ぶには、まず縁を切ることから。今年も始まったばかりですから、まだまだ取り戻すチャンス!悪縁とバッサリ縁を切り、心機一転させて清々しい気分で過ごしていきましょう~☆


(スピリチュアル女子大生CHIE)

※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)