今日は大晦日!2015年も終わりですね。みなさんはどのように過ごされていますか?紅白を見る人も沢山いると思いますし、飲み会や初詣に行く人もいるでしょう。K-POP好きな方の中には、ソウルで年越しを迎える人も多そうです。筆者は日本で厳かに正月を迎える予定…。

そんな中、明日2016年1月1日元旦に、SHINeeが日本での4枚目のアルバム「D×D×D」を発売します!音楽性には定評のあるSHINeeですが、今回はその音楽性を更にパワーアップした自信作との事。今回はアルバム発売を前に行ったSHINeeの日本盤シングル投票のランキング結果を元に、彼等のシングル曲のMVを全て紹介したいと思います!

■この記事の完全版(全画像・動画付き)を見る


最後には「SHINeeの名盤になるかも?」と言われるアルバム「D×D×D」のカッコいいタイトル曲も紹介しますので、シャヲル(SHINeeファン)の方も、そうじゃない方もぜひ最後まで読んでくださいね。


★1位★
LUCKY STAR(2014/6/25発売)

1位は「LUCKY STAR」でした!最後の最後まで2位の「Your Number」と接戦していました。イントロを聞くだけでハッピーな気持ちになれる曲です。コンサートでももちろん定番で、ダンスも本当に可愛らしいので注目です。まさにSHINeeこそがシャヲルの「LUCKY STAR」☆


★2位★
Your Number(2015/3/11発売)

「Your Number」はジャジーなオトナな雰囲気を持つ曲。“雨の日に本屋で偶然出会った女性に一目惚れする男性のトキメキ”を歌った「Your Number」は曲ももちろんですが、最後のオンユがいう「Can I get your number?」のセリフも聞きポイントです。


★3位★
Replay-君は僕のeverything-(2011/6/22発売)

SHINeeの日本デビュー曲「Replay-君は僕のeverything-」は、韓国でのデビュー曲でもあります。年下の男の子が年上の女性に恋をする、とても可愛らしい曲です。ダンスの振付けは日本人の仲宗根梨乃さんで、「Replay」以降いくつもの振付けを手がけ、シャヲルにはおなじみの方。


★4位★
Dazzling Girl(2012/10/10発売)

SHINee初の日本オリジナル曲、「Dazzling Girl」が3位でした。ピアノのイントロが印象的な、一度聞いたら忘れられないサビを持つポップなダンスナンバー。コンサートでは終盤にパフォーマンスされる事が多く、最後の盛り上がりに欠かせない曲です。


★5位★
1000年ずっと、そばにいて(2012/12/12発売)

「1000年ずっと、そばにいて」は「Dazzling Girl」の後に発売された日本オリジナル曲のミディアムバラード。MVはストーリー仕立てになっており、SHINeeは主人公を見守る黒猫(天使?)として登場します。そして、エンディングの展開にホロリ…。



★6位★
Fire(2013/3/13発売)

6位の「Fire」はポジティブなメロディーを持つミディアムバラード。「この愛で完全になるために生まれてきたんだ」とフレーズが印象に残る、大切な人に出会った喜びを歌った曲です。コンサートでは必ずファンの間で大合唱になり、毎回感動を呼びます。


★7位★
LUCIFER(2011/10/12発売)

無機質っぽいフレーズの繰り返しが一度聞いたら耳から離れなれず、何度も聞きたくなる「LUCIFER」。韓国では「受験勉強時には聞いてはいけない曲」と言われてるとか(笑)何度も見たくなる中毒性のあるダンスの振付けは、おなじみの仲宗根梨乃さん。


★8位★
Sherlock(2012/5/16発売)

ダンスも楽曲もSHINeeの良いところを存分に詰め込んだ「Sherlock」。サビ部分の足を高く振り上げて前進する独特な振りは通称「Sherlock歩き」と言われています。このダンスを振付けたトニー・テスタは、この曲以外にもSHINeeのダンスをいくつも担当しています。


★9位★
321(2013/12/4リリース)

「321」もコンサートでとっても盛上がる曲!ジャンプしたくなるようなメロディーのサビが楽しい気持ちになります。MVはスクラップブッキングからSHINeeが飛び出して来るようなポップでキュートな作り。一緒に「次のステージへ321!」とコンサートで歌いたい!


★10位★
JULIETTE(2011/08/29発売)

ポップなメロディーが印象的な2枚目のシングル「JULIETTE」はコービン・ブルーの「Deal With It」が原曲のリメイク曲。韓国語のオリジナルは2009年5月25日に発売された「ROMEO」に収録。韓国語の歌詞はメンバーのジョンヒョンが担当しました。


★11位★
BOYS MEET U(2013/8/21発売)

11位は真夏にリリースされた爽やかなポップチューン「BOYS MEET U」。MVは全編を沖縄で撮影されました。青空が広がるMVの中で女の子に出会ってはしゃぐSHINee…。一緒に沖縄で過ごしたいと妄想を全開にさせてくれるMVです。

★12位★
Sing Your Song(2015/10/25発売)

最新シングル「Sing Your Song」はクリスマスを彷彿させるアレンジのSHINeeのウィンターソング。MVは都内の大学で撮影され、大学生になったSHINeeの姿が描かれています。サビの「Sing Your Song」のメロディーが心に残ります。


☆☆☆☆☆☆


いかがでしたか?好きな曲は何位でしたか?1位はコンサートではとても盛り上がり、ハッピーな気持ちになる「LUCKY STAR」が選ばれました。3位の「Replay-君は僕のeverything-」はデビュー曲と言う事もあり、ファンには思入れが深い曲ですね。

また、日本オリジナル曲は全体的にダンスナンバーが少ないという印象。韓国でのSHINeeはダンスナンバーが圧倒的に多いので、その辺りの違いは日本のマーケットを意識してるのかもしれません。

ランキングの結果の詳細がこちらからどうぞ。
SHINee日本盤シングルで好きな曲ランキング

そして、いよいよ明日、日本での4枚目のアルバム「D×D×D」が発売になります!
タイトル曲の「D×D×D」はSHINeeお得意のダンス全開のカッコいいナンバー。今回の振付けは、「Dazzling Girl」やEXOの「HISTORY」を手がけた日本のダンスチーム、s**t kingzが担当。MVにはSHINeeのキレキレのダンスが満載です。この曲もコンサートで盛上がる事間違いな し!

▼SHINee「D×D×D」MV

■この記事の完全版(全画像・動画付き)を見る


2016年1月30日からは福岡公演を皮切りに日本でのアリーナツアーが始まり、さらに5月には京セラドーム、東京ドーム公演が決定したSHINee。2015年は念願の初東京ドーム公演を成功させ、ステージで号泣した彼等ですが、2016年はその自信を糧に更にパワーアップした姿を私たちに見せてくれる事でしょう。アイドルと言う枠から飛び出しそうな勢いを持つSHINeeの音楽とパフォーマンスに期待大です。

それではまた!アンニョ~ン☆


(西門香央里)