お正月の食べ物といえばおもち。しかし、一度にたくさん食べることができず、お正月が終わっても残ってしまっている…なんてこともありますよね。消費するにも「おもちの味に飽きてしまう」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、作ってみたいおもちのアレンジレシピについて探ってみました。

■お正月に食べ切れなかったおもちで、作ってみたいアレンジレシピランキング
1位:ミートソースとチーズでグラタン
2位:うどんにいれて力うどん
3位:お好み焼きに混ぜて餅入りお好み焼き
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ミートソースとチーズでグラタン》が選ばれました。マカロニの代わりにおもちを使って作るグラタンが1位に選ばれました。おもちといえば単体では味がなく「ボリュームに欠ける」と思うかもしれませんが、ミートソースとチーズと一緒にすることでガツンとした食べごたえとコクがプラスされ、子供や男性ウケも抜群です!
お正月に食べ切れなかったおもちで、作ってみたいアレンジレシピランキング

画像:goo画像検索


2位には《うどんにいれて力うどん》がランク・イン。うどんの具のひとつとして、こんがり焼いたおもちを入れて力うどんにする食べ方を支持する人も多数。簡単にできて、かつおいしいということで人気を集めました。元マラソン選手の高橋尚子さんは、エネルギー補給もかねて、試合前の勝負飯として力うどんを食べていたそうですよ!
お正月に食べ切れなかったおもちで、作ってみたいアレンジレシピランキング

画像:goo画像検索


3位は《お好み焼きに混ぜて餅入りお好み焼き》でした。お好み焼きの人気具材のひとつがおもち。“明太もちチーズ”などは女性人気が高いメニューとして知られています。切って入れるだけでOKという手軽さも魅力ですよね。おいしく手軽に消費できるということから、3位に選ばれました。

このように、食べ飽きてしまったおもちも、少しアレンジすることでまた違った味わいを楽しむことができます。みなさんには、おもちを使ったオリジナルレシピがありますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年12月4日~2015年12月7日