年末の風物詩のひとつとして有名な年越し蕎麦。その由来は諸説ありますが、蕎麦は「金を集める縁起物」と言われていたり、他の麺類と比べて歯切れがよいことから「一年の苦労や厄を切り捨てる」と言われていたりすることから、大晦日の夜に食べる習慣になったそうです。では、もし年越し蕎麦が禁止になってしまったら…みなさんは何を食べますか?そこで今回は、年越し蕎麦の代わりに食べるものについて探ってみました。

■もし法律で年越し蕎麦が禁止された世界にいたら、代わりに食べるものランキング
1位:うどん
2位:ラーメン
3位:法を犯してでも蕎麦を食べる
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《うどん》が選ばれました。
やはり蕎麦の次に思い浮かぶものといえば《うどん》。蕎麦に最も近いと考えている人が多いことが分かりました。また、蕎麦よりも歯切れがよいことから、「逆に年越しうどんの方が厄払いになるのでは?」との声も。2位に100票以上差をつけ、ダントツの1位になりました。

2位には《ラーメン》がランク・イン。
蕎麦、うどんの次に思いつくのが《ラーメン》。ダシとともにすする麺が年越し蕎麦の代わりになると考えた人が多いようです。ラーメンには醤油、味噌、塩、とんこつ…など多くの種類が存在します。年越しにはどの種類を選ぶ人が多いのかも気になるところです。

3位は《法を犯してでも蕎麦を食べる》でした。
もはや年越し=蕎麦しか考えられないという熱狂的な年越し蕎麦支持派も多いようです。「普段はいいけど、年越し蕎麦はどんな麺にも代えられない」と考える人が多く、3位にランク・インしました。

このように、年末の恒例行事である年越し蕎麦。毎年何気なく食べている人も多いかと思いますが、なくなってしまうと寂しく感じてしまうかもしれませんね。みなさんは、今年も年越し蕎麦を食べる予定ですか?
もし法律で年越し蕎麦が禁止された世界にいたら、代わりに食べるものランキング

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:973票
調査期間:2015年12月02日~2015年12月11日