大型連休は、車を利用してちょっと遠出したいものですよね。しかし車での長距離移動は難点もつきもの。ということで、今回は交通渋滞のあるあるについて調査してみました。特に年末年始は、帰省ラッシュで渋滞が予想されますが、交通渋滞あるあるランキングをチェックしてストレス耐性をつけてみては。早速チェクしていきましょう。

■交通渋滞あるあるランキング
1位:トイレに入るのにも大行列
2位:どのルートを選んでも結局渋滞
3位:渋滞が始まるとなぜか尿意をもよおす
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《トイレに入るのにも大行列》がランク・インしました。やっと車を駐車していざトイレに向かうと、大行列。数人程度ならまだよいですが、いつになるか分からないほどの行列は本当に勘弁してほしいですよね。

2位は《どのルートを選んでも結局渋滞》です。渋滞情報などを調べた上で渋滞を回避したつもりが、結局渋滞にはまってしまっているという悲しい体験は、一度ならずとも体験したことがあるのでは。

3位は《渋滞が始まるとなぜか尿意をもよおす》でした。渋滞あるあるのなかでもトイレネタは尽きません。事前にトイレに行ったはずなのに、渋滞を感じると尿意のセンサーが。嫌だと思う気持ちが尿意を引き寄せてしまっているのかもしれませんね。

その他、《同乗者は必ずと言っていいほど寝る》《すり抜けていくバイクに殺意を覚える》が続々ランク・イン。車の運転は楽しいといっても、やはり疲れます。そろそろ変わってほしいなと思う時に限って、すやすやと寝ている同乗者を見ると、切ない気持ちになったり、逆にいらだったりしてしまうなんて経験をした人も多いのではないでしょうか。そんなときにすり抜けていくバイクを見たときには…イライラがピークに達しそう。

いかがでしたか。どれも「そうそう!」とツッコミどころ満載の回答ばかり。特にトイレにまつわる回答が多くランキングされていました。そんな渋滞あるあるを少しでも回避するべく、ホームセンターなどでは携帯トイレなども販売されているので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。少しは回避できるツールになるかもしれませんよ。
交通渋滞あるあるランキング

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年11月18日~2015年11月19日