本日12月23日は、じゃんけん大会で見事頂点に立った、AKB48チームK藤田奈那の初のソロシングル「右足エビデンス」の発売日です。先日行われた『第5回AKB48紅白対抗歌合戦』ではパフォーマンスを初披露、AKB48ではダンス選抜に入るほどのパフォーマンス力の高さに会場からは歓声が上がっていました。

ちなみにじゃんけん大会って何?
兼任も含むAKB48正規メンバー(チーム8を除く)と、AKB48以外のメンバー(姉妹グループ・チーム8・研究生)の予備選を勝ち抜いたメンバーで行う、AKB48の毎年恒例行事となった、9月に行われるソロデビューをかけてガチのじゃんけんを行う祭典です。そこで今回はAKB48グループ在籍時にソロデビュー経験のあるメンバーで成功だったと思うのは誰か調査してみました!

■ソロデビューが成功だったと思う歴代AKB48グループのメンバーランキング
1位:指原莉乃
2位:前田敦子
3位:渡辺美優紀
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《指原莉乃》が選ばれました。
王道のアイドルソング「それでも好きだよ」でソロデビューを果たした《指原莉乃》、主演のドラマ「ミューズの鏡」の主題歌でもありました。今でもAKB48のLIVEなどで他メンバーがカバーしていたりと人気の楽曲です。『指原莉乃 with アンリレ』で出した2枚目のシングルも好調でしたね。LIVEや、シングルジャケット写真ではアンリレ(入山杏奈・川栄李奈・加藤玲奈)が前方に立ち《指原莉乃》が後方に立っていたのがとても印象的でした。


2位には《前田敦子》がランク・イン。
しっとりと歌い上げる「Flower」でソロデビューを果たした《前田敦子》、意外にもAKB48メンバーでは5人目のソロデビュー作品となりました。卒業後も女優・歌手として活躍していますね!ソロシングル2作目の「君は僕だ」では、初めて本格的なソロライブが行われました。透き通るような優しい歌声に、MCのぎこちなさが《前田敦子》、通称あっちゃんらしい素晴らしいソロライブだったのを思い出します。


3位は《渡辺美優紀》でした。
「やさしくするよりキスをして」でソロデビューを果たした《渡辺美優紀》と言えば、前回のじゃんけん大会の覇者!準決勝での<小嶋陽菜vs渡辺美優紀>の戦いはとても見応えのある一戦でしたね!ネット上では『八百長!』と話題になっていたのも懐かしい…。80年代のアイドル歌謡曲がモチーフの楽曲ということで、ジャケット写真が特徴的でした。ちなみに今年のじゃんけん大会の2位~16位までのメンバーで歌う「君は今までどこにいた?」の選抜メンバーです。


本日発売されるAKB48チームK藤田奈那の初のソロシングル「右足エビデンス」は、板野友美を彷彿とさせるようなセクシーなダンスナンバー。藤田奈那のパフォーマンス力の高さと魅力の詰まった楽曲と言えるでしょう。未発表のイベントも気になるところですね!(買わなくっちゃ!)
また、横山由依総監督や、前回覇者渡辺美優紀を率いる、2位の中西智代梨がセンターをつとめるカップリング曲、「君は今までどこにいた?」は、可愛い衣装も特徴的で見逃せませんよ!是非チェックしてみて下さいね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,469票
調査期間:2015年10月05日~2015年10月19日