子供たちが夢中になるおもちゃは、時代とともに変わっていきます。デジタル化が急速にすすむ現在、おもちゃの世界も昔とはずいぶん違ってきていますよね。そこで今回は、幼い頃よく遊んだおもちゃについて調査してみました。

■幼い頃よく遊んだおもちゃランキング
1位:たまごっち
2位:ゲームボーイ
3位:ぬりえ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《たまごっち》が選ばれました。
1990年代後半に一世を風靡した、育成型ゲームの《たまごっち》は、男女別のどちらのランキングでもベスト3にランク・インしており、当時の人気の高さがうかがえます。2000年代には、新たな機能を追加した《たまごっち》が販売され、第2次、第3次ブームを巻き起こしたことでも知られています。
幼い頃よく遊んだおもちゃランキング

画像:goo画像検索


2位には《ゲームボーイ》がランク・イン。
携帯ゲームの火付け役となった《ゲームボーイ》は、「男性結果」では、堂々の1位を獲得しています。男の子なら誰でも遊びたいと思っていた《ゲームボーイ》。友だちと持ち寄って、公園や自宅で夢中になって遊んだ思い出のある人が多いのでは。
3位に選ばれたのは《ぬりえ》でした。
女性結果」では1位にランク・インしており、女の子なら一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。ちなみに現在では、「大人の塗り絵」なるものがあるみたいです。子供用のぬりえとは比べ物にならないクオリティの高さですね!
幼い頃よく遊んだおもちゃランキング

いかがでしたか?今では懐かしいおもちゃが上位に選ばれる結果となりました。他にも《ヨーヨー》《スライム》などが、男女ともに10位以内にランクしています。果たして皆さんが幼い頃に遊んだおもちゃは、何位にランクされていましたか。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年9月29日~2015年10月2日