毎日どこかで起きている事件や事故。しかし中には、思わず笑ってしまうようなドジすぎる事件などもありますよね。そこで、思わずブブッと笑っちゃうような世界の犯人を、つっこみながら大調査!果たして世界には、どんなドジすぎる犯人がいるのでしょうか。

■どうしてそうなったのか不思議なドジすぎる犯人ランキング
1位:逃走し逃げた先が刑務所だった
2位:手錠をかけたまま逃走し、手錠を外してもらうために警察にかけこんだ
3位:80円相当のお金を強盗し400万円近い保釈金を払った
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《逃走し逃げた先が刑務所だった》。この事件はアメリカのオハイオ州で、実際に起こった珍事件です。免許停止処分中だったにもかかわらず、車を運転していた容疑者。それが警察官に見つかり、パトカーとのカーチェイスの末に車を置いて闘争します。追い詰められた彼は、目の前にあるフェンスによじ登ったのですが、そこはなんと刑務所…。知らなかったとは言え、自分から刑務所に入っていくとは…。犯人も笑うしかない事件かも。

2位は《手錠をかけたまま逃走し、手錠を外してもらうために警察にかけこんだ》です。ドイツで起きたこの事件。スーパーに強盗に入るもすぐに拘束され、手錠をかけられた犯人。しかし、犯人の一人である19歳の少年は、手錠をつけたまま逃走します。そこまでは良かったものの、どうやっても手錠が外れず、結局「友人に手錠をかけられた」と嘘をついて警察に。手錠は外してもらえましたが、もちろん嘘がすぐにばれて逮捕とあいなりました。嘘が通用すると思ったのかどうかは、犯人のみぞ知る?思わず「いや、ばれるでしょ」とツッコミたくなりますよね。

3位は《80円相当のお金を強盗し400万円近い保釈金を払った》です。このなんともお粗末な事件はアメリカのシカゴでの出来事。コンビニ強盗に入った犯人が要求したのは日本円で約80円相当。しかし未遂に終わり逮捕されます。保釈金として彼に言い渡された金額は、日本円にして約400万円!もはや借金を作るために強盗をしたとしか考えられません。
どうしてそうなったのか不思議なドジすぎる犯人ランキング

いかがでしたか。犯罪は決して許してはいけないものですが、ランキングに入っているものは、嘘でしょと思うものばかり。「どうしてそうなった?」とみんなで議論しても面白いのではないでしょうか。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年10月27日~2015年10月30日