特にイラつく内容でもなければ、相手が嫌いなわけでもないのに、言葉の選択次第で、つい相手にイラッとしてしまうことはありませんか。そこで今回は、人が使っているのを聞いてイラッとする言葉を、使用するシチュエーションも合わせて調査してみました。

■人が使ってるのを聞いてイラッとくる言葉ランキング
1位:〜だお
2位:からの~
3位:おフェロ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は文末に使われる《~だお》が選ばれました。
「~だよ」が変化した言葉、インターネットの掲示板やSNSなどでよく目にしますね。なんとなく幼稚性を感じさせるところや、「イラつく顔文字」と言われる( ^ω^)と共に使われるところなどが、相手をイラつかせてしまう原因になっているのかも。

2位には《からの~》がランク・イン。
アンタッチャブルの山崎弘也が使い始めたとされるこの言葉。当初はすべった人にふる言葉として使われていましたが、最近では話の内容にかかわらず、《からの~》を連発している人も。あまり乱発し過ぎると「ウザい」と思われてしまうことが、ランク・インの要因と言えそうです。

3位は《おフェロ》でした。
「おしゃれでフェロモンが出ている女性」を指していう言葉ですが、かわいいやかっこいい女性を見るだけで、乱用している人も。使いまくっている人を見ると「意味を理解していない」「なんでもかんでもおフェロじゃないだろ」とイラッとする人が多いようです。
人が使ってるのを聞いてイラッとくる言葉ランキング

画像:goo画像検索


言葉は意味を理解したうえで、適切な場面で使用しないと、相手をイラッとさせてしまう要因にも。思い当たる節はありませんでしたか。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,749票
調査期間:2015年10月28日~2015年11月11日