9月28日から放送が始まったNHK連続テレビ小説「あさが来た」。皆さんは毎日チェックしていますか。15分という短さながらも、見どころ満載のドラマとして人気があります。そこで今回の朝ドラに出ている出演俳優の中で「もっと見たい!」と思う出演者について調査してみました。

■NHK朝ドラ「あさが来た」でもっと出番があってほしい俳優ランキング
1位:玉木宏
2位:宮崎あおい
3位:ディーン・フジオカ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は、あさの夫である白岡新次郎役を演じる《玉木宏》でした。
飄々とした道楽者の白岡新次郎を、その演技力で見事に演じきる《玉木宏》に、インターネット上では賞賛の嵐が!嫌われる役どころにもかかわらず、嫌味のない演技が好評を博しているようです。今後の活躍に期待する人も多いようです。

2位は、あさの姉・はつを演じる《宮崎あおい》です。
主人公を温かく見守る姿や、嫁いびりに耐え続ける健気な姿に、心打たれる人が多いようです。あの柔らかな笑顔をもっと見たいと思う人が多いランキングになりました。

3位は《ディーン・フジオカ》です。
グローバルな考えを持つ薩摩藩士、五代友厚を熱演する《ディーン・フジオカ》は、180cmを超える長身の人物。今作に出演するまで、あまり名前を知られていなかった人物ということで、「あのイケメンは誰だ!?」と話題になりました。今回のランク・インは、彼が注目を集めている証拠といえるかもしれませんね。

ちなみに4位の土方歳三を演じる《山本耕史》は、2004年の大河ドラマ『新選組!」でも同役を演じたことがあります。当時と今作の土方歳三を、どう演じ分けるのかなど、さまざまな点で注目を集めています。
NHK朝ドラ「あさが来た」でもっと出番があってほしい俳優ランキング

画像:goo画像検索


幅広い世代から多くの注目を集めているNHK朝ドラ。そのストーリーも楽しみの一つですが、出演者の演技をもっと見たいと思う人が多いようです。皆さんの気になる俳優さんはランク・インしていましたか。

視聴率を見てみると4日連続の視聴率25%超え、さらに先日平均視聴率が27.2%と発表されました。この数字は「花子とアン」の最高25.9%、「あまちゃん」の最高27.0%をあっさり超える数字となっているようです。視聴率も気になるところですが、今後の展開にも大注目です!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,505票
調査期間:2015年10月25日~2015年11月8日