国民的アイドルSMAPのメンバー草なぎ剛。ドラマやバラエティ番組で活躍するほか、2003年まで5年連続でベストジーニストに選ばれ、殿堂入りも果たしています。今回はそんな多彩な才能を持つ、草なぎ剛の魅力について、調査してみました。

■SMAP草なぎ剛の魅力ベスト10 1位:バラエティで見せる人柄が素朴でやさしそうなところ
2位:韓国語をかなり流暢に話せるようになるなど、努力家なところ
3位:癒やし系のおっとりしたムードを醸し出しているところ
4位:たびたび主演男優賞を受賞するほど演技力があるところ
5位:バク転・バク宙ができるなど、運動神経が抜群なところ
6位以降を見る

 1位に選ばれたのは《バラエティで見せる人柄が素朴でやさしそうなところ》。人気バラエティ番組『「ぷっ」すま』では、ユースケ・サンタマリアと「ナギスケ」として活躍しており、少年のような素朴な笑顔を見せています。3位の《癒やし系のおっとりしたムードを醸し出しているところ》も、バラエティで見せる姿によるところが大きいのかもしれません。2位にランク・インしたのは《韓国語をかなり流暢に話せるようになるなど、努力家なところ》。草なぎ剛は、2001年から約10年間チョナン・カンとして同名の冠番組に出演、猛勉強の末マスターした流暢な韓国語を披露していました。4位は《たびたび主演男優賞を受賞するほど演技力があるところ》。『僕の生きる道』など“僕シリーズ3部作”から演技力が評価され始め、2009年に公開された映画『BALLAD 名もなき恋のうた』では、ブルーリボン賞主演男優賞にノミネートされました。5位には《バク転・バク宙ができるなど、運動神経が抜群なところ》が選ばれました。SMAPのコンサートでは、バク転やバク宙、ロンダードを連続して披露し、ジャニーズのアイドルらしい側面も見せています。
 抜群の演技力に、バク転やバク宙を決める運動神経のよさ、韓国語の語学力など、マルチな才能を見せながらも、飾らずに素朴で人柄が良さそうなところが、草なぎ剛の大きな魅力なのかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年9月3日~9月8日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)