SNSで「妊娠しました」と幸せいっぱいの報告をする女性は少なくありません。それ自体はおめでたいことですが、中には毎日のように妊娠の幸せを過度にアピールする女性もいるようです。そして、そんな女性の投稿を見て気分を害する女性も…。そこで今回は、思わずイラッとしてしまう過度な妊娠アピール=妊テロについて探ってみました。

■思わずイラッとする「妊テロ」ランキング
1位:妊婦大変アピール
2位:命名書のキラキラネーム
3位:毎日SNSでお腹の写真報告
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《妊婦大変アピール》が選ばれました。
フェイスブックやブログの投稿で「妊婦がこんなに大変だと思わなかった」と書いたり、友人の投稿のコメントに「いいね、私も妊娠してなかったら行きたかったな~」と書き込んだりする人は少なくありません。妊婦が何かにつけて大変だということをアピールする女性の行動に対して、妊テロだと感じてしまう人が多いようです。

2位には《命名書のキラキラネーム》がランク・イン。
妊娠中に子どもの名前を考えるのは母親になる女性の楽しみのひとつ。命名書を見てイメージを膨らませたり、字画から運勢を見てみたり。しかし、賛否両論あるキラキラネームをつけ、ここぞとばかりにSNSで報告する人は煙たがられがち。「うわ…あの名前、子どもがかわいそう」と思う人も多いようです。

3位は《毎日SNSでお腹の写真報告》でした。
「妊娠〇週目のお腹」と題して、お腹が成長してゆく過程を写真で撮ってSNSで報告する女性の行動も、妊テロだと思われがちなようです。「成長過程として写真に撮ること自体は良いけど、それを周囲に見せるあたりが自慢のように感じる」という意見が多数寄せられました。
イラッとする「妊テロ」ランキング

このように、妊娠の喜びを報告することで、同じように喜んでくれる人と、妊テロだと感じてしまう人がいるようです。みなさんは、「これは妊テロだ!」と感じた周囲の女性の行動はありますか?妊娠中の方は、過度な妊娠アピールをしていませんか?もしかしたら煙たがられる原因になってしまうかも。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代女性)
調査期間:2015年10月9日~2015年10月10日