本日はAKB48の10年間の歴史がつまったベストアルバム「0と1の間」の発売日です!週間ランキングの1位のシングルを集めた【No.1 Singles】、ミリオンシングルを集めた【Million Singles】、そして数量限定発売のインディーズ時代の楽曲も収録した【Complete Singles】と3タイプ展開です。【Complete Singles】は(3CD+DVD)となっており、DVDにはAKB48グループ恒例行事と言っても過言ではない、握手会の《エア握手会》映像が収録されているようです。行ったことがある人も無い人も必見です!

そこで今回は、ベストアルバムの発売を記念して、歴代の人気シングル楽曲について調査してみました。さっそく見ていきましょう!

■【祝!ベストアルバム発売】AKB48歴代楽曲ランキング
1位:ヘビーローテーション
2位:会いたかった
3位:恋するフォーチュンクッキー
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ヘビーローテーション》が選ばれました。
この楽曲は第2回選抜総選挙、当時のAKB48メンバーとその姉妹グループであるSKE48の全メンバー総勢104名の中から選ばれた上位21位までが歌唱メンバーとして選出された楽曲である。第1回選抜総選挙で敗れた2期生の大島優子が初期メンバーの前田敦子を破り、センターを勝ち取った歴史的瞬間はファンのみならず心に残っているのではないでしょうか。

2位には《会いたかった》がランク・イン。
AKB48はインディーズ時代に、現在も思い入れの深い歌となって歌い継がれている「桜の花びらたち」、「スカート、ひらり」を発売しておりますが、《会いたかった》で念願のメジャー・デビューを果たしました。AKB48が世にデビューした楽曲と言えますね!

3位は《恋するフォーチュンクッキー》でした。
この楽曲は第5回選抜総選挙、全グループメンバー、AKB48卒業生もが出馬できた、総勢246名の中から選ばれた上位16位までが歌唱メンバーとして選出された楽曲です。この楽曲で初めてHKT48の指原莉乃がセンターとなります。前田敦子が抜け、不動のセンターに立ち続けると思われていた大島優子が2位となり、指原莉乃が1位に輝いた瞬間の会場はどよめきたっていました!なお、デビュー5年目で初のミリオンを突破した《Beginner》は10位にランク・インされています。
AKB48の恒例となっている恒例行事の握手会、アルバムでは写メ会だそう。また、今回発売されたベストアルバムの各タイプには異なった新曲が入っている模様。12月6日には「10周年記念イベント(仮)」、12月8日には10周年を控え、さらに12月9日には高橋みなみ最後の収録曲となる最新曲「唇にBe My Baby」が発売されます。勢いのとまらないAKB48グループに目が離せませんね!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年10月27日~2015年10月30日