国会前でのデモが連日行なわれた安保関連法案の成立後、心機一転を図り発足した第3次安倍改造内閣。安倍政権では、アベノミクスといわれる経済政策を最優先に掲げています。「未来へ挑戦する内閣」を打ち出している中で、期待したい政策について調査しました。

■第3次安倍改造内閣で期待したい政策ランキング
1位:少子化対策
2位:経済再生
3位:東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《少子化対策》が選ばれました。「少子化担当」の加藤勝信内閣府特命担当大臣は、「一億総活躍担当」や「女性活躍担当」、「再チャレンジ担当」など、多くの政策を担当することでも話題になりました。ベビーブーム世代はもう40代、遅きに失した感は否めません。しかし、少子高齢化を迎える中、いかにして女性が出産後も働きやすい体制を整えるか、今後の政策に期待したいです。

2位には《経済再生》がランク・イン。成長戦略を掲げる安倍政権では、個人の消費と輸出の低迷が課題となっています。2017年4月に迫った消費税の再増税では、景気条項は削除されていますが、景気の持ち直しが図れるかに注目が集まっています。

3位は《東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進》でした。国立競技場の建設については、計画段階よりも建築費用が高騰したことにより、再コンペとなる事態に。そして騒ぎが納まらないうちに湧き出た、エンブレムの盗作疑惑により、こちらも再コンペに。前代未聞の事態が続きましたが、今後の立て直しに期待したいところです。
活躍を期待したい、安倍内閣の大臣ランキング

アベノミクスを第2ステージに進め、「一億総活躍」を目指す安倍政権ですが、TPP問題、中国や韓国との外交問題など課題は山積みです。しかし今後は、景気回復に向けた政策の実現に期待したいですね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:986票
調査期間:2015年10月10日~2015年10月24日