毎年、大晦日に行われる「ジャニーズカウントダウンコンサート」の司会が発表になりました。

そして今年は2年ぶりにフジテレビでの中継も復活することもあり、地方組も大喜び。Twitterでは「カウコン」、「嵐司会」がトレンド入りしました。


■ この記事の完全版を見る


ファンからは喜びの声と共に複雑な心境も聞こえてきました。

カウントダウンコンサートの司会と同時にまだ発表前のNHK紅白歌合戦出場も明らかに
「カウコン 嵐 司会!!!おめでとう!! よく見ると 「 出場確実 紅白終了後に東京Dへ 」 って書いてあるぅぅうううう!!!! 紅白出場確実だってさ(;▽;) 朝から嬉しいいい行ってきまあす!!! 」(Twitterより引用)

しかし手放しで喜べないのにはいくつかの理由があります。

まず気になるのはチケットの当選倍率。
事務所で1、2位を争うほどのファンを擁する嵐の出演により、チケットの当選倍率が上がるのではないかと心配する声が寄せられていました。

手放しで喜べない現実…
「嵐司会はほんとに倍率異常になるからめざましみて本気でやめて欲しいと思ってしまった」(Twitterより引用)

ちらっとよぎるこの感情…
「カウコンなんか当たったっちゃったらもう何も当たんないんじゃないか疑惑が駆け巡るTL」(Twitterより引用)

同じ日の京セラドーム大阪ではHey!Say!JUMPのカウントダウンコンサートが行われます
「カウコンに嵐! JUMPが京セラで良かったと心から思うね」(Twitterより引用)

「今回のカウコン 嵐司会で その次の時に20周年のキンキメドレー 京セラからjump中継… か、KAT-TUNは? 10thアニバーサリーですけど? 他Gには何の悪感情もないしそれなりに楽 しみだけど… ??扱い平等にしてくれ!!!//」(Twitterより引用)

年末の予定はカウントダウンコンサートを基準に決めるファンも多いだけに、カウコンの発表に嬉しい気持ちも半分、倍率を考えると萎える気持ちも半分……。

これから発表される出演グループやメンバー、チケットの当落まで落ち着きそうにありませんね。

(亀井満月)