“生理中のダイエットや運動ってどうしたらいいですか?
何か気をつける事はありますか?“
(質問者 はるなんさん)

教えて!goo

はるなんさんのように、365日、気持ちは毎日ダイエット! という女性は多いですよね? “生理中も、ダイエットを休みたくない……”という気持ちは分かるのですが、注意しなければいけないポイントがあるって知っていましたか? 
そこで、生理中のダイエットや運動について、いけした女性クリニック銀座院長 池下育子先生にお話を伺いました。

生理中のカラダは頑張っても痩せにくい

生理が始まる1週間くらい前から生理中は、血液や栄養が流れていくのを補おうとして体が水分をためこみやすい状態に。さらに、代謝も悪くなり脂肪も燃焼しずらいので、ダイエットには不向きな時期なんです。生理中に、むくみがひどくなったり体重が増えてしまうとお悩みの方も多いのですが、これは女性の体の仕組み上、逆らうことのできないことなんです。

腹圧を圧迫する運動は、子宮内膜症を誘発する原因に!

さらに、生理中に運動するなら、気を付けたいことが。生理中に走ったりジャンプしたりといった激しい運動をすると、腹圧が圧迫されて経血の逆流が起こります。経血の逆流は、子宮内膜症を引き起こす原因にもなるので、生理中はなるべく体に負担をかけずに安静に過ごすことを心がけてください。気分転換として運動するなら、軽いストレッチやヨガ、ウォーキングなどはおすすめです。

排卵期後のリスタートが、ベストなタイミング!

ダイエットに適した時期は、実は排卵期後。生理後の女性は、肌もしっとり潤って気持ちも安定し、なぜかキレイになりますよね? 体が妊娠しやすい状態なので“メスとしてオスに選ばれたい!”という動物的な部分も関係しているんです。この時期は、肉体的にも精神的にもダイエットに耐えられるパワーがあるのはもちろん、代謝も上がって脂肪も燃焼しやすい状態なので、ダイエットも効果的にできるんですよ。

なるほど! 女性の体の仕組みに逆らわないことが、ダイエット成功への近道だったんですね。生理中はあせらず、無理せず。そして生理が終わったら、楽しい気持ちで、キレイになる努力を続けていきたいですね。

【関連記事】
  • 効果があがる!ダイエットに適したタイミングはいつ?
  • 「検診は意味がない?」乳がん検診にまつわるギモン3つ
  • 妊活にも、健康管理にも  知っておきたい基礎体温キホンのキ
  • スリムをキープ!モデル事務所の5つの「キレイの掟」
  • 足裏30円貼りで太ももが5cm減?!