友達との会話をしていると、時にちょっとしたことでエキサイトしてしまうことってありませんか?、後で考えるとどうでもいいことだったりすると、「あの時なんであんなに盛り上がったのかな…」と、自分でも不思議に思うことも。実は意外とたくさんあるのが「どうでもいいけど永遠にわかりあえない問題」。そこで、白熱するけど永遠に分かり合えない問題について調査してみました。

■意外と白熱する「どうでもいいけど永遠にわかりあえない問題」ランキング
1位:きのこの山vsたけのこの里の【チョコレート】問題
2位:男の悩みvs女の悩みの【そもそも】問題
3位:頭から食べる派vs尻尾から食べる派の【たい焼き】問題
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位はきのこの山vsたけのこの里の【チョコレート】問題が選ばれました。
1975年に発売されたきのこの山はなんと40周年を迎える超ロングセラー商品。姉妹品であるたけのこの里も1979年に発売され、どちらも長年愛され続けていることが分かります。ただ、いつの時代もなぜか「きのこの山派」と「たけのこの里派」に分かれがち。「どちらが美味しい」「どちらが【チョコレート】の量が多い」といった不毛かつ永遠に分かり合えない問題を、延々と友達と話した経験のある人は、少なくないようです。
意外と白熱する「どうでもいいけど永遠にわかりあえない問題」ランキング

画像:goo画像検索


2位は男の悩みvs女の悩みの【そもそも】問題がランク・イン。
【そもそも】の性別が違うがゆえに、永遠に分かりあえないのは必然といえるかもしれませんね。
意外と白熱する「どうでもいいけど永遠にわかりあえない問題」ランキング

3位は頭から食べる派vs尻尾から食べる派の【たい焼き】問題でした。
どっちから食べても中身は一緒ですが、頭派も尻尾派も譲れないそれぞれの理由があるようです。また、【たい焼き】をどこから食べますか?といった心理テストもたくさんあるみたいですね。
意外と白熱する「どうでもいいけど永遠にわかりあえない問題」ランキング

ランキングの中には「【目玉焼き】はしょうゆでしょ」「いや塩だ」という議論なども入っています。答えは出ないものの、なぜか話したくなる問題の数々。皆さんが気になるものは入っていましたか。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年9月29日~2015年10月2日